コロナ除菌は「クリーン彩花」にお任せ下さい。
お掃除、エアコン、ハウスクリーニングひと筋24年

お掃除の小話

2020-11-06

ワックス剥離(ハクリ)の意味と必要

ワックスの劣化


ワックスを定期的に塗っていると時間がたつと汚れ変色してきます。
また、人がよく通るところとあまり通らないところで、ワックスの厚さが違ってきて光沢の差でてきます。
汚れかたも、人が立ち止まるところほど汚れが目立ってきます。

こうなると、以前行ったワックスがけの効果が薄れ、通常の洗浄(ポリシャー)行っても光沢が戻らず、またすぐに汚れが目立つようになります。

 

ワックス層の再生


そこで古くなったワックス剥離(ハクリ)が必要なってきます。
剥離剤を使用して古いワックス塗膜を完全に除去し、床材を素材の状態に戻し、もう一度新しいワックス層を作る作業です。

ワックス層を再生することで、床面はほぼ新品の状態に回復し、元の光沢が戻り、みちがえるような見栄えとなります。

ワックスの剥離と再生は、床のメンテナンスとして計画的に行う必要があります。しかし、ワックスの剥離・再生は、通常の床面洗浄にくらべ手間がかかり、安全管理にも十分気を配必要があります。

 

剥離メンテナンスはクリーン彩花にお任せ下さい

クリーン彩花の定期清掃には、ワックスの剥離&メンテナンスが含まれています。
定期清掃のなかで、ワックスの劣化がすすみ、汚れがひどくなっている箇所をみつけると、ワックス剥離作業を順次行っていきます。そのことで、ワックス層を常時保全し、床面のキレイな状態をキープしていくことが可能になります。

 

一切、追加料金はいただきません

気をつけていただきたいのは、ワックスが劣化していても、剥離作業を行わず、劣化したワックス層の上にワックスを塗って終わらせる業者が多いという点です。その理由は、

・通常の床面洗浄にくらべ手間がかかる、
・金額アップするので提案しないままとなりがち、
・業者は清掃後のワックスがけによる光沢でごまかしてしまいがち、
・お客様としても床を毎日見ているので感覚的に慣れてしまい、ワックス劣化に気づかず、汚れの状態がわからなくなりがち、

というものです。

しかし、ご安心下さい。
クリーン彩花の定期清掃には、ワックスの剥離&メンテナンスが含まれています。
いつでも、いつまでも、キレイな床を満喫していただけます。

クリーン彩花の紹介
お掃除の小話 キレイの秘訣
社長ブログ
彩花新聞
喜びの種まき冊子

無料相談・お見積もり

ページ上部へ