まず人に与えること、それが自分返ってくる

・・・あるお話です・・・

若いころ、初めて家を持ったときに、くわが破損してしまった。

隣の家に行って「くわを貸して下さい」といったら、

隣のおじいさんは、「今この畑を耕して菜の種をまこうとするところだ、

まき終らなければ貸してやれない」というのです。

私は家に帰っても別にする仕事がないから、

「私がその畑を耕してあげましょう」といって耕して、

それから「菜の種を出してください、ついでにまいてあげましょう」といって

耕した上に種をまいて、そうやってくわを借りたことがある。

そうしたら隣のおじいさんは、「くわにかぎらず何でも

差し支える事があったら遠慮なく言って下さい、

必ず用立てましょう」といった話です。

この話で、分かることは、まず相手に与えることで、

それが自分に返ってくるという報徳の思想がとても分かります。

私も交通安全でいつも立っているのですが

子供達や地域の人から、明るい笑顔と挨拶を頂いています。

「万物にはすべて良い点(徳)があり、それを活用する(報いる)」

という思想=徳をもって特に報いる

この精神が、会社の成長にも役に立っているのではないかと思います。

これからもひとつずつ積み重ね、仕事を通じてこのことを理念としてやって行きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください