目標を持つ

第91回目の箱根駅伝の話です。

1位と2位の差が10分以上開く、

圧勝で青山学院が初優勝を飾りました。

敗れた大学の監督に「異次元」と言わせた要因の一つに、

原晋監督による指導がありました。

原監督はビジネスマンだった時代の手法を取り入れて、

目標管理の徹底を選手に課しました。

選手たちは、記録会や練習、

生活面などの目標を細かく書いて提出し、

その過程も含めて結果を振り返ることを

繰り返したといいます。
仕事においても、目標を持っている人と、

そうでない人とは、半年後、

1年後の実績に大きな違いが出てきます。

目標意識の高い人は、

自分の仕事に創意工夫を凝らして努力するために、

自ずと能力が向上し、差が生じるからです。

その目標を確実に達成するには、

何を(目標項目)、いつまでに、(期限)、

どうやって行うか(達成法)、

といった具体的計画が大切です。

仕事の面白さは、目標を立て、

意識的に取り組む時に味わえるものです。

▪️ハウスクリーニング 福岡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください