たらいの水の原理

顧客志向について考えるとき、

たらいの水の原理を引用して話すと

非常に分かりやすく納得できます。

お客様・社会に喜んで頂ける原理なのです。

「たらいの水の原理とは」もともと二宮尊徳が説いた教えで、

「経営の神様」松下幸之助がこの教えを参考にしたそおうです。

たらいに入った水を、

自分の方にぐいっと自分の方に引き寄せようとして自分の所に

来たと思ったら、手前の縁にあたって、

すぐ縁に伝いに自分から離れて行く。

逆にたらいの水、相手側に送ると、

相手側の縁に当たった水が縁伝いに波に揺れ自分の方に集まる。

そして、相手側に送り続ければ、その波は止まらない。

これを、お客様に例えて、

時間がかかってもお客様に喜んで頂くことをやり続ければ、

必ず自分の所に帰ってくる。

やはり与え好きにならないといけないということが分かります。

そして、善い環境が生まれるとこれが、

原点の理念だということです。

▪️ハウスクリーニング 福岡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください