たま刊とよます8号(NO、121)より

先日6年間1回もメンテナンスしていなかった
(フイルターさえも)エアコンクリーングしました。

お願いしたのは芥屋にいらっしゃるクリーン彩花さんです。

結果「18℃、ハイパワー」でもあまり冷えなかったが
「27℃、通運運転」で冷え冷えになりました。

これには普段あまり驚かない嫁さんや子供もびっくり。

本当の「表示の間違い❓」というくらい変わって驚きました。

半信半疑でしたが本当にこんなに効果あるんですね。

迷っているかたはぜひやってみることをお勧めいたします。

▪️ハウスクリーニング 福岡

 

エアコンが壊れる

本日休診の歯科医院のエアコンクリーニグに入りました。

6台した中で、1台が作動しなくなり壊れたようです。

それも診察室のメインの業務用エアコンなのです。

メーカーに電話しても今日は修理に来られないとのことで、

早くても明日の昼休みくらいと・・・。

それを院長に報告すると

「 それでは、明日の診療に支障が出るので困る」と、

謝りに謝って、それでお願いして対応。

しかし、大変なことで担当も冷汗が出たと思いますが、

私もあわてました、無事に良くなりました。

院長にも許していただいたみたいです。

これからも何が起こるかわからないので

気を引き締めて作業を行っていかないと

それでも起きた時は

素早い対応の大事さを感じました。

▪️ハウスクリーニング 福岡

 

 

あなたの言動は大丈夫か?

子供は、親のマネをしたがる。
子供は、大人のマネをしたがる。
それは、良いことも、悪いことも。

会社の社員も同じこと。
上司にとっての部下も同じこと。
下は上のマネをする。

しかし、マネをするのが大変なことは、たいてい、マネされない。
どれだけ良いことでも、大変なことは簡単にはマネしてくれない。

反対に、簡単なことは、マネされる。
それが、悪いことであっても、簡単にマネされる。

部下は簡単にできることから、マネしていく。
良いことから、マネしていくのではない。
上司は、この事実から目を背けてはいけない。

上司の上司は、社長だ。だから社長の言動は多かれ少なかれ、
下に伝わっていく。下に伝染していく。

あなたの言動は、大丈夫か?
マネされて困るようなことを、あなた自身がしていないか?

あなたの言動が、
最も悪い形で拡大解釈されていく・・・
それが会社だということを、肝に銘じておこう。

▪️ハウスクリーニング 福岡

 

 

 

仕事を通じて人間成長

エアコンキャンペーン最後の追込みになってきました。

1000台目標で900台になってます。

数字のほうは去年とかわりませんが、

今回はホームページからは少ないですが、

スタッフの担当リストから電話による集客数が凄い。

このことはスタッフのお客様通じての会社理念の浸透。

それによっての成長ではないかと思います。

このことが商いの醍醐味なのです。

これから成長がさらに楽しみにです。

▪️ハウスクリーニング 福岡

 

悪口が蔓延していないか❔

「チームを変えたい」

そう思ったら、
最初に取り組むべきことが一つある。

それは・・・「仲間の悪口を言わない風土」をつくることだ。

良いチームには、ない。
悪いチームには、ある。
それが、悪口と陰口だ。

悪口陰口文化がチームの中にある限り、
チームは良くならない。

仲間の悪口を言っていないか?
それが恥ずかしいことだと教えているか?

悪口陰口は、チームのバロメーター。
常に気をつけて悪口陰口のないチームを目指そう。

それは、良いチームの第一条件。

▪️ハウスクリーニング 福岡

「やる気」を「マネジメント」しているか?

経営は、人が、人のためにやっている、人の活動。
だから人の「やる気」は重大な意味を持っている。

特に、小さな会社では、
メンバーの一人ひとりの「やる気」が大きく影響し合う。

だから「やる気」になってもらうために、
コミュニケーションを増やすという経営者は多い。

「もっとがんばれ!」「ダメじゃないか!」と繰り返し言うことで、
メンバーの「やる気」に火をつけようとする。
確かに、それも大切な方法の一つだ。

しかし、そのやり方では、内発的な「やる気」は生み出せない。

また、経営者自身の「やる気」の波によって、
チーム全体の「やる気」の波が決まってしまう。

それでは、いつまで経っても、
チームとしての「やる気」は安定しない。

人の「やる気」には波がある。

だからこそ、まず「やる気をマネジメントする」という発想を持とう。

メンバーの「やる気」を下支えする最も効果が高いサポートの一つは、
「喜びの声」を集めるという仕組みにある。

人がやる気になるのは、人に喜ばれた時。

人に喜ばれた時、人は最も嬉しいし、もっと喜ばれたいと願う。
「ありがとう」「助かったよ」と言ってもらうと元気が出る。

誰かの役に立っている。
社会から必要とされている。

それを知れたら、
自分たちの仕事を肯定できる。

それが、やる気につながる。

だから、お客さんや関わる人に喜んでもらったという声を聞くことは、

「やる気」の下支えになってくれる。

お客さんの「喜びの声」は「心の栄養」であり、
「やる気」の【源泉】だ。

「喜びの声」を積極的に集める努力をしているか?
「喜びの声」をメンバー全員にシェアする努力をしているか?
それが仕組みになっているか?

なければ、早急に準備しよう。
メンバーの「やる気」が枯渇してしまう前に。

▪️ハウスクリーニング 福岡

「彩花」のネーミングにたのは

お客様を通じて彩(いろどり)のある仕事という発想です!

1、美しい色をつける

2、姿や様子

まさにサービスだと思います。

そのためには訪問が大事になってきます。

訪問をただ行うのでなく、

観葉植物や新聞を持って行き、

そのお客様に喜びの種をまくことで、

関係を深めることが目的なのです。

だから、ユニフォームや車にマーキングをいれ、

会社の名を売り、

自分を売ることで人間成長をはかるという意味があるのです。

▪️ハウスクリーニング 福岡

 

 

 

仕事観を共有しているか?

自ら考え、自ら判断し、自ら行動し、自ら成果を出せる。

そんな自立型のチームは、
支配力や権威性や仕組みで、つくることはできない。

自立型のチームをつくる基礎は、
「仕事観を共有する」ことだ。

そして、最も共有すべき仕事観は、
仕事が人生において持っている価値の大きさを理解すること。

「仕事は、人生において、非常に大きな意味を持っている」

それが腹に落ちたメンバーは、
勝手に、そして自然に、仕事を大切にし始める。

仕事を大切にする気持ち。
それがすべてのエネルギーのもとになる。

仕事が人生で持つ意味を、考え続けよう。
そして、それを伝え続けよう。

それが社長の仕事。

▪️ハウスクリーニング 福岡

 

支払いを1秒たりとも  遅らせていないか?

経営は【信用】で成り立っている。

もっと言うと、資本主義経済そのもの、貨幣経済そのものが、
信用によって成り立っている。

だから、自分以外の他者(=社会)からの信用を築くことの出来る会社だけが、
成功するし、成長し続ける。

信用とは【約束を守る】ということだ。

ビジネスにおいて最も大切な約束の一つは、
価値を受けた代金を約束した通りにキッチリと支払うということ。

それは、基本中の基本で当たり前のことだ。
残念なことだが、その当たり前のことをキッチリと出来る社長は少ない。

だからこそ、それを大切にし、
死に物狂いで支払いを守る姿勢を持つ人は信用される。

たとえ、今が苦しくとも、
信用がある会社には未来がある。

しかし、信用がない会社には未来がない。

「あそこは、支払いがキレイだ」
そう言われる会社になろう。

▪️ハウスクリーニング 福岡

迷子の3原則

1、今どこにいるかわからない「現在地」
 「会社の存在する目的や理由」がわからない

2、どこにいけばいいかわからない「目的地」
 「将来のビジョンや計画」が決まっていない。

3、どうやったらいいかわからない「交通 手段」
 「具体的な数字や戦略」示されていない。

▪️ハウスクリーニング 福岡