チャンスをつかむ

saiiseltuto新しい物事にチャレンジするには、勇気が必要です。

しかし、この時、「失敗したら」と考えてしまうと、

急に思い切りが悪くなり、行動に移されなくなります。

「無理だ、できない」と言って、

挑戦するのを諦めてしまったら、先にすすめません。

変わることもできません。

世の中は常に変化しています。

「現状維持だけでなく」、新しい物事に取り組むという姿勢が必要です。

チャレンジすることは、現状を変えるチャンスがあるということです。

最初からやる気がなく「ノー」と言ってしまっては、

せっかくのチャンスを逃がしてしまうのです。

勿論、ただチャレンジするだけでなく、

多大なリスクを破る可能性があるか、ないかを、

見極める能力も養わなくてはなりません。

チャレンジをつかむには、まず「よし、やってみよう」と受けることです。

必要だから、チャレンジが廻ってくるのです。

十分にこたえる体制を整えて、「ハイ」と受け止めて気持ちを前向きにし、

目の前のチャンスを掴んでいきましょう。

 

2014/09/10

ハウスクリーニング 福岡

良い波と悪い波

kuri私たち人間をはじめ、

すべての存在はたえず波を出している

と考えてもいいでしょう。

人間は「意識の波」です。

人間が出す波のなかでも、

世の中にとって「良い波」と「悪い波」があります。

わかりやすくいえば、「良い意識」といいかえてもいいでしょう。

喜びや感謝などは「良い波」をだします。

逆に、心配、怒り、不平不満といった「悪い波」を出すと、

環境などを悪くさせるのです。

良い波を出して、明るく前向きな人生を送りましょう。

2014/09/07

ハウスクリーニング 福岡

クレームはビタミン

kokilyaku(有)クリーン彩花を創業して18年になります。

10年以上18年と長くお付き合い頂いている

お客様が沢山あります。

クレームから信頼に変わって行ったお客様も沢山あります。

お客様に対する心構え次第でどうにでもなるのです・・・

一般的にクレームにならないように、

表向きの仕事で終わらせている作業、

それでは動きや対応を見て魅力を感じません。

いくらキレイになっても、掃除に来ているだけで終わり、

それから先の関係は深まらないのです。

契約で決まっている定期のサイクルも、

のびのびになり最後には解約になってしまうこともあります。

この原因は担当者の仕事に対する姿勢ににあるのです。

前に進んでいたら必ずクレームは発生しますが、

そのクレームにはチャンスが隠れています。

そのチャンスとはお客様は何を望んでいるか探り当てるカギなのです。

そのためにも毎日の仕事に自信を持って、誇りを持って、

誠意を示し日々の仕事に従事することが大事になってきます。

※日報とお客様管理カードを見て、

それぞれの担当が管理して行くことが大事なのです。

 

2014/09/06

ハウスクリーニング 福岡

エアコンクリーニングキャンペ-ン結果報告

gurafu12エアコンクリーニングキャンペーンの

最終数字結果がでました。

今年の目標台数は800台でしたが、

それを大きく上回り、1000台という

とてつもない台数を掃除しました。

今年は冷夏で、天気が悪く、8月は毎日雨の日でした。

大手家電メーカーは、エアコン関連商品は

のきなみ売り上げを落としています。

そんな中、我社のエアコンクリーニングキャンペーンは成功しました。

これもひとえにスタッフの意識向上の賜だと思います。

スタッフ全員が、目標数値を達成するという

今までにはなかった偉業も達成しました。

この件で、お客様に対する意識がさらに芽生えて、

年末にかけての、水回り・年末掃除キャンペーンが楽しみです。

本当に、お客様・スタッフの皆さんありがとうございました。

今後とも、宜しくお願い致します。

 

2014/09/05

ハウスクリーニング 福岡

仕事とはWin-Win

想いだけじゃ、経営は成り立たない。

経営には、ココロも大切だけど、戦略や技術も必要。

本来、とても小さくて弱い存在の雑草が、

たくましく生きているのは、戦略を持っているから。

雑草は、戦わない。

とても上手に戦いを避けて、力強く生き残っている。

小さな会社も雑草と同じ。

正しい戦略を持っていれば、力強く生きていける。

小さな会社の正しい戦略は、戦わないこと。

幸福を追求しながら生き残っていくためには、戦ってはいけない。

ビジネスは不戦勝でいいんだ。

又、仕事とは誰かに対して価値を生み出すもの

人に喜ばれるものでなければ価値ではない。

仕事とは「Win-Win」を生み出すもの、戦いは1つの「Win」しか生まない。

ひとを喜ばせるものを生み出すために誰かと戦うことは必要ではない。

それは結局、自分のためにしかならないから仕事において

戦いが必要になるとすれば、それは自分自身との戦いのみである。

kusatori10

※この急斜面の草を切りました。

断っていいのですが、

そこに、経営に対する「商い心」の意味が

隠されているような気がします。

 

2014/09/04

ハウスクリーニング 福岡

今日を精一杯に生きる

raltuki-「あの時こうすればよかった」「昔はよかった」などと、

ラッキーだった過去に思いを馳せ、

その再来を願い、今日の現実を嘆いている人が多い。

しかし、いくら嘆いても過ぎ去った過去は二度と戻らないし、

訂正もできない。

その時間があるなら、変えることのできる、

また、つくることのできる明日を夢見て、今日この日を精一杯生きることだ。

一流といわれる人々と普通の人々を観察していると、

時間と脳の使い方、そして心の持ち方において、決定的な違いがある。

すべての人々のもち時間は平等である。

大切なことは、同じ「一生」をどう使うかなのです。

 

2014/09/03

ハウスクリーニング 福岡

マグネットシート

!cid_01EFCC2B-8EF5-4D17-8700-94A952531E9Aハウスクリーニングの現場に行って

領収書や名刺をあげて来てますが、

それを保管している人は少なく、

1回限りのお客様になっているのが現状です。

何か残すものはないかと、以前、粘着シールで社名と電話番号が入った

シート作っていたのですが、跡がのこるので

お客様は貼るのを嫌がるので困ってました。

そこで、今回マグネットシートのことを知り、作成することにしました。

これだったら、冷蔵庫などにペタッと磁石でくっつくので、

お客様も利用して貰えるでしょう!!

デザインが出来ましたので紹介致します。

 

2014/09/02

ハウスクリーニング 福岡

親孝行の息子

souji子供からエアコンクリーニングの問い合わせの電話がありました。

この声は、以前も聞いたことがある子供の声です。

名前を聞いて、「年は、いくつになった」と聞くと小学6年とのこと。

実は、彼のおかあさんは喋ることができないので、

おかあさんと手話でやり取りしながら、

2年前電話してきて今回で3回目です。

最初、スタッフの富田課長が対応し、

それから彼あてに毎年お掃除の問い合わせが入ってきます。

この親孝行の息子には感動させられ、

6年生になりさらに立派な息子になっていたとのことです。

このように仕事を通じて、いろんな家庭環境の方に出会い、

今回の親孝行の子供さんには、凄く勉強させられました。

これからも沢山の人と出会い、喜びを共有していきたいです。

 

2014/09/01

 

ハウスクリーニング 福岡

棟上げ

muneage1muneage2

 

 

 

 

親戚の棟上げがあり、行きました。

私の祖母の里で、祖母は40年位前に亡くなり、

久しぶりの訪問で、昔その家で遊んでいた

思い出が蘇えりました。

そして、久しぶりにお会いする、親戚の方、隣近所の方など・・・

こういう行事を通じて人と人が、関わり助け合いが生まれ

家族の繋がりがあったのではないかと思います。

最近では、このような行事がなくなり寂しい世の中になって来ました。

そんな中、本日は昔懐かしい思い出を満喫する一日でした。

 

2014/08/31

ハウスクリーニング 福岡

おふくろに商いの勉強を学ぶ

ofukuroエアコンクリーニングキャンペーンも残り、2週間になりました。

ネタ切れしていたところに、おふくろから、

「2年前位にクリーニングした○○さんはして貰ったな」と

助言がありました・・・。

以前クリーニングして頂いた2人に電話すると、

相手の方から「おかあさんは元気にしてますか」と

二人とも聞かれ嬉しかったです。

クリーニングが終わった後、お礼の電話もしてくれてました。

おふくろの力と言うか、付き合いの仕方に深いものがあると思いました。

このように、常にきちんとした付き合いをしているから、

何かあった時、お願いを聞いてくれるのだなと、

またまた、おふくろから商いの勉強を教わりました。

最後の追い込み、1000台目指して頑張ります。

 

2014/08/19

 

ハウスクリーニング 福岡