つきは自分で作る

つきお客様を通じて人は成長し、

人は必ず変身するのです。

その為には何をしたらいいか、

まず積極的な心構えで行動することです。

このことが分かれば失敗しても全部仕事の

チャンスの要素になると考えるようになります。

しかし、失敗を恐れて躊躇した消極的行動では成長は望めません。

一般的に、このことは初対面の段階で、明らかに分かります。

だから初対面で相手が感じ取る印象は大事なのです。

悪い表情を作っていたら、いくらきちんと対応していても繋がりは深まりません。

反対に変なクレームや嫌なお客様を作り上げる原因になり、

又、表情を悪化します。

それでは、いつまでたってもチャンスは自分の前に振りおりません。

それを打ち破るためにも、積極的な心構えで進んで行くことが必要なのです。

 

2014/10/19

チラシ効果はまだまだ・・・

tirasimizu水まわりキャンペーンのチラシを配布していますが、

なかなか効果が出てきません。

しかし、諦めないでやることが大事。

去年も、10月の後半から年末の

お掃除に繋がっていったようです。

しかし、今年は売り上げが昨年を上回りみんなの力が

結集されてるのではないかと実感してます。

この勢いをバネに、チラシを配り、足を使って年末に向けて

皆の力を一つにして頑張って行きましょう!!

 

2014/10/18

デジタルとアナログの大事さが時代を掴む

homupejiホームページからの依頼の仕事が増えてきています。

それに甘えて、本当の仕事の醍醐味の飛び込みを

忘れてはいけません。

ホームページから入って来たお客様も、

アナログの対応によりリピートに繋がって行きます。

ここに、商いのポイントが隠されているのです。

しかし、人の心は、甘えに弱く、努力しない新規(ホームページなど)が

当たり前と思う人間の弱さに傾きます。

この部分を、どう自分で心の管理ができるかに、

商売の姿が隠されているのです。

どんなにインターネットなど新しい文明が進んでも、

昔からの商いの原則アナログを忘れてはいけないのです。

 

2014/10/17

コミュニケーション力を磨き続けているか?

01173-450x337経営は「関わり」をつくる活動だ。

関わる人を増やし、

関わる人との関係をより良く築いていくこと、

それが経営だ。

この「関わり」を構築していく上で、

絶対に欠かせない力がある。

それが【コミュニケーション力】だ。

コミュニケーション力とは・・・

自分の想いを、人に伝達する力。

人の想いを、受け取る力。

※経営が「関わり」をつくる活動である以上、

この力は、絶対に必要だ。

しかし成功できない多くの経営者は、苦手だからといって逃げている。

または逆に、十分にその力があると過信している。

だから、経営の基礎を築くことができない。

より高い「コミュニケーション力」の上に、

より良い「関わり」は生まれていく。

大切なことを伝えるために、大切なことを受け取めるために、

「コミュニケーション力」を磨いていこう。

※ここで、「想い」とは、感情、意思、思考などの総称として表現してある。

またコミュニケーションの媒介するものは、言葉、文字、態度(行動や身振り)

 

2014/10/16

挨拶は自分から

aisatuirasuto挨拶はコミュニケーションの第一歩です。

人は人の心の距離を縮め、

より良き人間関係を生み出すことから、

「挨拶は心を結ぶ金の鎖」と言われます。

しかし習慣的に日々何気なく交わしているだけに、

つい形だけになって、本質が伴わないことがあります。

挨拶の本質とは何でしょう。

「私はあなたに対して心をひらいていますよ」という

真心のこもった挨拶は必ず相手の心に届きます。

また、「されたから応える」「好きな人にだけ挨拶をする」では、

本当の挨拶といえません。

自分から進んで挨拶をする、

すなわち、自分が先に心をひらくとことろにこそ値打ちがあります。

たかが挨拶、されど挨拶です。

誰に対しても、先手で明るくはっきりと、相手の顔をみながら

朗らかに美しい挨拶をかわしましょう。

2014/10/15

ハウスクリーニング 福岡

手書きのメッセージ

ihitugaki社内の連絡や取引先とのやりとりは、

メールで行われることが多くなりました。

正確さや迅速さが、何より重視される昨今です。

そんな中、彩花の事務員は、

請求書の中に一筆書きを入れたり、

年賀状・暑中見舞いの挨拶状に、

必ず一言を書き添えてハガキを出してます。

そうすることで温かみが生まれ、

お客様から信頼を受けるのではないかと思っています。

時間の労力は取りますが、印刷された文字だけを見ても、

書いてある以上のことは相手に伝わらないでしょう。

その人の字がたとえ一文字でもあれば、手間をかけた分、

相手の印象が変わるかもしれません。

「おつかれさまです」「ありがとうございました」など

言葉が添えられているだけで、読み手の心が開かれます。

デジタル化が進んでも、労を厭わず、

手書きで思いをつたえようとすることが大切でしょう。

新たな感動があるはずです。

2014/10/14

ハウスクリーニング 福岡

適切な判断

taifuu 19gouやはり最悪の事態になりました。

台風は鹿児島の枕崎に上陸、

宮崎の日南を通過して四国・近畿と日本縦断です。

福岡も吹き返しが強く、30メートの強風に仰がれました。

勿論、壱岐の船は欠航です。

先日の壱岐旅行、帰りの時間を早くした決断、間違っていませんでした。

帰ってきてなかってら、火曜日まで壱岐に足留めです。

しかし、毎週、台風が到来し、通過する地域は大変です。

どんな場合でも、状況判断をしての行動が大事だと勉強しました。

2014/10/13

 

ハウスクリーニング 福岡

壱岐に

ikiusi-gyuniku台風19号が来ている中、

予定していた壱岐旅行一泊2日の旅を強行に実施。

壱岐は離島なので、どうなるか心配の旅で、

明日の帰りの船は早く帰らないと

もう一泊しないといけないのでは?

そういう不安を抱えての「宴会」で、

出てくる言葉は「大丈夫かな」ばっかりの心配の言葉が飛び交う宴会でした。

やはり翌朝は、船が欠航しそうなので、

7時の早便のフェリーで4名が先に帰り、

残り私達は9時の高速船ジェットで帰りました。

旅行のスケジュール通りの夕方の船にしていたら、

もう一泊しないといけなくなったでしょう。

勿論、2日目に予定していた観光はなしでしたが、

こんな出来事があると、しっかり記憶に残る旅の思い出になると思います。

※壱岐牛を買ってきました・・・最高の味でした。

2014/10/11~12

良いストレスは情熱を維持させる

10ストレスは良いも悪いも「刺激」です。

健康的に過ごすには必要不可欠なストレスもあるのです。

「情熱」はその代表。

情熱が失われるのは目標を失うため。

自信を喪失し、意欲が低下したとき、

何のためにそれに取り組むのかという、原点に立ち返りましょう。

目標を書き出し、目にしやすい場所に置くことも有効です。

具体的な目標設定がなければ、寝ているときの夢と同じで

いずれ意識を通り過ぎてしまいます。

目標を立てたことすら忘れ、進むべき方法、指針を失いかねません。

書いたことが必ず達成するのです。

2014/10/10

ハウスクリーニング 福岡

ホームページからの関係

ita10住宅展示場から、ホームページを見られて、

掃除に対する問い合わせが入ってきました。

本日、現場に行き担当者とお話をさせていただくと、

建売住宅の会社で、週ごとに展示会を開催してあり、

その家がすぐ汚れるとのこと。

特にガラス、サッシや床、それに家の回りの草とりに悩んであって、

そのお掃除を定期的に入って貰えないかという話でした。

売り物件が残り15件あるとのことで、今まではスタッフでやっていたが、

その掃除に時間がかかりすぎている。

その時間を販売の方にまわしたいということです。

又、プロの掃除屋さんにやってもらえば、

キレイに管理できるのではないかということでした。

このような掃除の問い合わせが、

ホームページから入ってくるようになって来てます。

このチャンスに対応できるような体制を築いて行こうと思います。

2014/10/08

ハウスクリーニング 福岡