まさに弱者の戦略

tannku haragurin

 

 

 

 

長年、年二回清掃をさせて頂いているマンションですが、

3年前に、外壁など葺き替え改装がありました。

そろそろ汚れが目立ち始めたので、

共用部の通路や壁の掃除の見積もり依頼がきました。

相見積もりで、大手ビル専門の清掃会社と競合になっているようです。

相手方は特殊な洗浄機械を使っての作業の見積もりが出てました。

そのやり方では、我社には機械はなく、

機械を購入したら100万円以上かかるのでこの話は諦めてました。

ところが、電話があり・・・

早く見積書を出してくれとのことです。

事情を話すと、彩花で出来るやり方でいいので出してくれ

とのことだったので、出してました。

後日、これでいいのでと、オッケイの連絡を頂きました。

これも、管理人のОさんの人力の賜物で、

また、彩花を御ひいきにして頂いてるからです。

鉄砲に槍で勝ったような気持ちになりました。

まさに、これが弱者の戦略なのです。

 

2014/09/30

ハウスクリーニング 福岡

ポジショニング

一番になることは、難しい。

それは、たくさんのライバルと戦って戦って奪い取る、

そういう一番を考えてしまうから。

本当に優れた会社をよーく観察してみると、そんなことはしていない。

優れたビジネスは、ポジショニングが徹底的に考えられている。

ポジショニングとは市場における自分の存在位置。

優れた会社は、自分の存在する場所を徹底的に考えている。

誰もいない場所に、自分をおいている。

だから、敵がいない。

だから、お客さんが一番。

だから、喜ばれる、だから、儲かる。

だから、みんなハッピー。

2014/09/28

ハウスクリーニング 福岡

小さな種まき

itilyou

日本には四季があり、

この季節、紅葉が始まる前の街路樹のイチョウの木から

銀杏の実が路上に落ちています。

独特の臭いがあり大変です。

この銀杏を、掃除を兼ねて拾ってきました。

通行人が「キレイにして頂いてありがとうございます」と

お礼の言葉を頂き「一石二鳥」です。

銀杏は、今土の中に埋まっています。

その後、干して乾かして食べられるようになります。

これを、皆さんに振舞うのが楽しみです。

こんな日本の季節を楽しむ心を大切に、

自然の摂理に逆らわず生きて行けたらいいなと思います。

彩花は、水回りのキャンペンが始まりチラシも出来上がりました。

このチラシで小さな種まきをして、

意識を高めお客様に喜んで頂ける仕事をして行きます。

寒くなる前のこの季節を利用してキレイな環境づくりの

お役に立ちたいと思っています。

2014/09/27

ハウスクリーニング 福岡

継承しても繋がって行く

oginosika

 

昔、私がレンタル会社にいた時に契約したお客様で

35年のお付き合いになる歯科医院があります。

又、お掃除でのお付き合いは、

会社を始めてからですので20年になります。

そのお客様が、2代目の息子さんに継承されて、

今までの場所から、奥の敷地に最新のシステムを取り入れた医院が完成しました。

自社の担当から話は聞いていたので、ご挨拶をかねて訪問する。

医院に偶々、お母さんがおられたので、

院長である息子さんを紹介してもらいました。

「持田さんとは昔からの付き合いでお世話になっているから

お掃除は彩花さんに頼むように」とご助言頂きました。

そして、帰ろうとしているとき、昔勤めていたレンタル会社の営業マンが

2名来ているのが見えました。

契約しましたかと聞くと、今回、他社に決まったとのことです。

心のなかで、自分が35年前、契約したお客様が取られたと思いましたが・・・。

しかし、お掃除は彩花に任せて頂き、

これから30年・40年と繋がって行くように大事にお付き合いして行きたいです。

2014/09/26

ハウスクリーニング 福岡

現場にチャンスが

富田 憲治ワックスなど掃除用品を仕入れている業者さんから、

お客様が掃除のことで困っているので

仕事を受けて貰えないかと相談されました。

市営団地3DK4軒の清掃依頼です。

偶々、仕事に空きがあったので快く受けました。

掃除が終わり、お客様と紹介者もキレイに仕上がり喜んで頂きました。

そして、この物件を担当したT課長とスタッフの対応が良かったみたいで、

今後のお付き合いに繋がりそうです。

早速、帰りにT課長が1件紹介の仕事を頂いてきました。

スタッフみんなが、このように繋がって行く仕事をして行く事が一番です。

この事が、仕事をして行く醍醐味です。

2014/09/25

ハウスクリーニング 福岡

見る人が見れば仕事の姿勢がわかる

siata先日、外壁清掃に入ったS邸に

確認をかねて訪問すると、

とてもキレイになり喜んでありました。

このS様とは20年来のお付き合いになり、

お互い信用しあっている仲です。

その方が、今回、外壁清掃に入る前に、

こんなことを言われました。

前回来た時に、課長と一緒に来た人は、

その日限りのアルバイトの人だったのですかと言われるのです。

今まで長く彩花さんと付き合っているが、

あんな雰囲気の人は初めてと言われたのです。

今回、アルバイトの人は入れないでくれと、

そして、持田さんとどうして20年も付き合っているか分かりますかと。

「あなたは、商いのことが分かる人だから、

スタッフさんが来ても安心してお願い出来るから」と言われました。

見る人が見れば喋らなくても仕事の姿勢がわかるのです。

このことをスタッフ皆に教えて行くことが、経営者として大事な事と思いました。

帰りに「良きアドバイスをありがとうございます」と言って帰ってきました。

 

2014/09/24

ハウスクリーニング 福岡

木を生かす

mituro 2miturou

 

 

 

 

いつもお世話になっているT工務店は、

自然の無垢の板材を使った家を建ててあります。

最近、建物自体を安く仕上げるために、

碁盤の板を貼る傾向になっています。

そのために、子供達にシックハウス症やアレルギーなどの

症状が出て来ていると聞きます。

本当の日本家屋である木の家がなくなりつつある中、

この工務店は大工さんしか出来ない建物を立ててあるのです。

その建物の設計は、現代風ですが、使っている木が違うので、

落ち着いた生活ができる雰囲気が漂ってます。

その木の床を生かすために、

自社では蜜蝋ワックスというワックスを塗っています。

T工務店は時代の流れを取り入れ、

日本家屋の木を生かした家造りをしている素晴らしい会社です。

 

「蜜蝋ワックス」とは

艶出し・表面保護・撥水性付加と何かと木工で良く使われてます。

蜜蝋とは、その名の通り、ミツバチが巣を作るときに、

腹部にある蝋腺から分泌するロウ成分。

コレで例のハニカム構造の蜂の巣を作ってます。

元々は透明ですが、花粉が混じるので、少し黄色~オレンジ色になっています。

化粧品のクリームや口紅、クレヨンやロウソク、ロウケツ染めなど・・・・

昔から天然ロウとして広く使われてます。

 

2014/09/24

ハウスクリーニング 福岡

ナンバーワンを目指しているか?

bisinesu「顧客第一主義です」そう公言する会社は、多い。

「ナンバーワンです」そう公言する会社は、少ない。

それは、おかしい。

なぜなら、ナンバーワンではない会社は、

市場において、お客さんに、

ナンバーツー以下の商品を提供していることになるからだ。

市場には、自社のものより優れた商品があるのに、

自社の商品を提供すること、自社の商品を薦めること、

それが、お客さんのためになるだろうか?

それが、顧客第一主義だろうか?

お客さんのことを本当に一番に考えたら、

市場において最も優れた商品を利用してもらうことが、最良のことのはずだ。

だから、ナンバーワン以外の商品を市場で提供することは、

顧客第一主義に反している。

この事実に、気付いているだろうか?

しかし、多くの経営者は、その事実を無視したがる。

ナンバーワンになることを、あきらめている。

あきらめてはいけない。

妥協してはいけない。

お客さんのことを考えて、必死にナンバーワンを目指そう。

それが本当の顧客第一主義。

 

2014/09/23

ハウスクリーニング 福岡

共に育つ

10161000125久しぶりに現場に入ったK歯科ですが、

最近、契約したように思いますが、

今年の12月で8年になるとのことです。

院長と話をして、契約したその時の思い出が蘇ってきました。

この歯科クリニックは院長と副院長のご夫婦で開院され、

出身大学は長崎県で福岡には知名度がなかったとのことです。

最初、お会いした時の印象は一所懸命の気持ちが漂っていたことが

鮮明に残っています。

その気持ちが8年間の開業に繋がっているのだと思いました。

このように、開業からのお付き合いができ、

色々なことを学ばせて頂き感謝でいっぱいです。

このことが、商いを通じて共に育つではないかと思います。

 

2014/10/23

親孝行息子から・・・

inu会社の電話を転送している携帯に着信音が鳴り響き、

休みで、夜遅かったが・・・

電話を取ると、ホームページからの問い合わせで

若い青年からでした。

話を聞くと、この子の母親の部屋の掃除の見積もり依頼です。

そして、お母さんに電話してくれということで、

携帯電話を聞きすぐかける。

そして、本日、見積もりに行きました。

現場は、お母さんが1ルームに子犬と暮らしてて、

その子犬が2ヵ月前に亡くなったとのことです。

思い出がいっぱい残っているので、

それを忘れるためのお掃除依頼でした。

毎日、子犬のことが忘れられず悲しむお母さんのために

息子からの電話です。

早速、明日の祭日に入ることになり、

先日の親孝行の息子さんにしても同じ、又々感動する内容の現場です。

2014/09/22

ハウスクリーニング 福岡