亀の手とり

今日は朝から芥屋(峰組)の地祭。

神事を終え、組の集落に結界のような目印を立てて周り、

その後、鶏さばきと亀の手(貝)取りの2班に分かれて宴会の準備。

僕は亀の手班!

船に乗り、テトラポットに到着。

天気も良く、風が心地よい。

心が満タンに充電されるのを感じながら、せっせと亀の手取り。

地域の行事もいいもんだ!

 

 

▪️エアコンクリーニング 福岡

 

地祭り

本日晴天なり。

すがすがしい気分で26世帯からなる峰組「地祭り」の日。

組の集会所で大祖神社の宮司さんによる神事のあと、

御神酒、なます、なまこをいただき、男どもで組境界7ヶ所に

「天神地祇 諸災解除 八百萬神 組内安全」大祖神社地鎮祭祈祝の

お札を立てて結界祈願をしてきました。

何百年もかわらぬ行事は、気持に和らぎと地域に一体感を与えてくれます。

神と土地と人間のつながりを確認し、結びなおしていく、

一年でもっとも大切な行事です。

 

神事、結界祈願、宴会料理の仕込み(男は鶏の解体)、

男たちのプレ&プチ宴会と続き、1時間余りの休憩(笑)をはさんで、

もうじき祭りの第5部「こてがい料理での宴会」が始まりです!

▪️エアコンクリーニング 福岡

アラカブ釣り

サンセット前の芥屋の沖の防波堤で

アラカブ釣り、釣果は20匹ほど

大きのは25センチの大物4匹

自然を味合う一日でストレス解消

良きゴールデンウィークの1日でした。

▪️エアコンクリーニング 福岡

懺悔の生活

一燈園の西田天香薯「懺悔の生活」の本文より

ついついその夜も疲れて座りつくしました。
夜は白々と明けた。

この時ふと耳にしたのは嬰児の泣き声であった。
ハッと思った。

私も赤子のように泣いたなら・・・と。

あの子は今泣いている、
あの子の母は乳をはらしているに違いない。

もしも彼が泣かずに、そして飢えて死んだなら、
母は乳汁をもてあまして、またどんなに嘆くであろう!
泣いてくれればこそである。

乳を飲むのは生存競争ではない、闘いではない、
他をしのぐのではない。

飲むことによって母も子も喜びあうのです。

人類の食物もつまり、かくあるべきだ。

▪️エアコンクリーニング 福岡

【経営の12分野】を点検しているか?

車には「車検」がある。

だから危ない状態で走っている車は、少ない。

会社には「社検」がない。

だから危ない状態で走っている会社は、多い。

車と同じように、会社には、影響力がある。

人の役に立つためにつくられるが、

人を傷つけてしまうことがある。

しかし、法律で会社の危機レベルを点検する仕組みはない。

だからこそ経営者は自ら厳しく自社を点検するべきだ。

失敗が多い時、伸び悩む時、

なぜか分からないがうまく行ってしまっている時、

【経営の12分野】をチェックしてみよう。

1.「ミッション」

(ミッションはあるか?明確か?伝わっているか?

2.「商品力」

(商品価値はあるか?絶対価値と相対価値があるか?)

3.「ポジショニング」

(市場における位置が分かっているか?ユニークか?)

4.「ブランド力」

(会社とお客さんとの接点があるか?生涯価値がか?)

5.「集客力」

(知られる努力をしているか?自社の露出はあるか?

6.「見込客フォロー」

(興味を持ってくれた方へフォローはしてか

7.「セールス」

(専門的アドバイスで背中を押してあげているか?

8.「ファン化」

(お客さんにファンはいるか?お客さんのことをか?)

9.「経理・財務」

(どんぶり勘定になっていないか?)

10.「チームづくり」

(仕事観を共有しているか?チーム意識はか

11.「仕組み化」

(仕組み発想はあるか?仕組みをつくっているか?

12.「投資」(未来のための投資をしているか?

自己投資をているか?)

この12分野をチェックしているだけで、

経営は飛躍的に安定する。

▪️ハウスクリーニング 福岡

 

商い原点

おふくろが植えている「スナップエンドウ」
たくさん育っています。

おふくろが検査入院しているので
誰も取らないので、どうもこうもしょうがない状態です。

その「スナップエンドウ」を
隣の坂口さんところに持っていってあげました。

とても喜んでくれて、帰りには
近所の農家から頂いたイチゴで作った「ムース」を頂きました。

まさに、「物々交換」、
昔はこのような付き合いが頻繁になされてました。

このことが商売の原点ではないかと思います。

いい天気で心温まる一日でした。

▪️ハスクリーニング 福岡

こいのぼり

孫、知彗(ちさと)が4歳になりましたが、

今年まで「鯉のぼり」をあげました。

 

「こいのぼりうた」

やねより たかいい
こいのぼり

おおきな まごいは
おとうさん

ちいさな ひごいは
こどもたち

おもしろそうに
およいでいる。

▪️エアコンクリーニング 福岡

エアコンキャンペーン

いよいよ恒例のエアコンキャンペーンが

スタートです。

期間5月〜8月半ばまでの3ヶ月半長期です。

目標台数は業務用、家庭用合わせて1000台です。

本日は営業会議で、

活動方針計画も決まったようです。

みんなで頑張って必ず目標達成いたします。

▪️エアコンクリーニング 福岡

一回の出会いを大事に

一回だけの作業で終わってませんか。

お客様への気づき・スタッフへの気づきから
仕事を組み立てるのです。

その気づきは情報化へ発展して行きます。

一回の出会いを大切にすることが、商売のポイント。
最近、このことができない人が増えているようです。

お客様は一業者と付き合いをしたいのですが、
その繋がりのアクションがないようです。

どう繋がって仕事を作り出すか、
それができれば、商売はうまく行くと思います。

このことがこれから中小企業が生きて行く
大事なことのようです。

▪️エアコンクリーニング福岡

お客様から好かれ、気に入られ、忘れられないようにする

どんなによい商品をつくっても、

それを買っていただけるかどうかはお客さましだい。

どんなにお客さまのためにと思って営業・販売活動をしても、

買うかどうかはお客さましだい。

「買う」ということに関して、

決定権を持っているのは100%お客さまです。

さらに、どこから買うかという決定権も、

100%お客さまが持っています。

売る側には1%もなく、0%です。

こうして書いてみると当たり前のことなのですが、

実際に売る側に回りますと、これが急に見えなくなり、

自分中心、会社中心で考えてしまいがちです。

そういう人たちが「なかなか思うようにうれない」

と嘆いてます。

100%の決定権を持ったお客さまから、
他社よりも優先的に商品を買ってもらうようにするには、
・競争相手以上にお客さまから好かれ、
・競争相手以上にお客さまから気に入られ、
・競争相手以上にお客さまから忘れられない
ことです。

そのためには、競争相手以上に訪問し、

お客さま好かれる努力が必要となります。

お客さまは嫌いな会社から商品を買うことはありません。

ですから、

競争相手に勝つために営業活動のやり方や仕組みを見直し、

訪問回数を増やす必要があるのです。

▪️エアコンクリーニング 福岡