駅構内の絨毯クリーング

今度、契約した絨毯クリーニング。

博多駅・小倉駅構内の絨毯が毎月100枚位入って来ます。

この絨毯の汚れをどうしたらいいか今まで悩んであったみたいで、

その悩み対応することができて良かったです。

 

 

毎月会社に送って来るので洗浄して送り返すシステムです。

かなり汚れていて、最初は絨毯機械で洗っても完全に落ちない
みたいでしたが。

色々工夫して、

大きな桶に漬け込みすることで汚れが取れるみたいです。

これからも新しいアイデアを出し合って、
まだ成果もあがると思います。

しかし、最近、このような大きな仕事が
入って来るようになりました。

これもひとえに20年の経験からの信用だと思います。

お掃除を通じてスタッフ成長を図っていきたいです。

▪️ハウスクリーニング 福岡

 

100 − 1 = 99 だと思っていないか?

学校のテストでは、1点間違えると1点引かれるだけだ。
100−1=99

しかし、現実の社会は、違う。ビジネスの世界では、違う。
100−1=0

そうなってしまう危険性がある。

1点は怖い。

成功し続ける経営者は、概ね楽観的で前向きだが、
そういった姿勢と同時に、1点の怖さを知っている。

だから、1点に、こだわる。

1点の怖さを、分かっているか?

1点に、こだわっているか?

成功し続けたかったら、1点を大切にしよう。

▪️ハウスクリーニング 福岡

 

報酬前利益を意識しているか?

人は、道具ではない。

人は、手段ではない。

人は、目的。

だから、人件費を削減して利益を出そうとする行為は、おかしい。

それは、最後の手段であって、簡単に手を出すべき手段ではない。

失敗する多くの経営者は、この手段を簡単に使う。

しかし成功し続ける経営者の多くは、この手段を「禁じ手」だと考えている。

だから「報酬前利益」を死守しようとする。

【報酬前利益】=「売上」-「変動費」-「固定費(給与・役員報酬を除く)」※

これが会社の本当の利益である。そして、そこから「利益分配」をする。

利益分配の中で最も先に分配をしないといけないのは、社員の給与。

社員の給与は、その人の貢献度によって決めるべきだが、
経営者が意識しないといけないのは、その多さより安定性が大事だということだ。

「社員の給与を安定して出せなければ経営者ではない」
それくらいに考えて「報酬前利益」を死守しよう。

そして、そうやって歯を食いしばって頑張ることが、
経営者としての実力を飛躍的に高めていく。

※「報酬前利益」とは、通常の会計で表現される利益ではなく、
 社員・役員の報酬を除く、会社が価値を提供するために要した、
 すべての費用を売上から差し引いたもの。

▪️ハウスクリーニング 福岡

たかが、チラシが意識を変える

エアコンキャンペーン中の4ヶ月間にチラシを5万枚注文・.・.・

後、残り6000位になりました。

チラシ効果の方も70台位契約に結びついてます。

期間もあと10日で全部配布します。

今年は例年になく成果が上がり、こんなに効果が出るとは・・・。

勿論、配った人と配らない人のグラフの数字の差も一目瞭然。

やはり、何事にしてもやろうと言う気持ちの差だなと思いました。

たかが、チラシと思うかもしれませんがポスト1枚々配布する

気持ちがキャンペーン意識を自分の潜在意識に

インプットするのです。

これがやる気に変わっていくのだと

身体で感じることが大事なのです。

▪️ハウスリーニング 福岡

 

ダメもと訪問で契約に

近くに開業の予定の歯科医院がありました。

訪問するのが遅かったのでダメで元々と訪問しました。

案の定、マットモップのSクリーンさんに見積り依頼を

しているとのことでした。

とにかく、見積りだけでもと院長先生にお願いしていたら、

奥様が出て来られ、名刺を見て

「クリーン彩花さんは知ってます」とのこと。

結婚前に兄と一緒に住んでいた時、

お掃除を2回位お願いしたことがあると話されました。

「スタッフの方がとても感じが良くて、よくして貰いました」

と嬉しい言葉も頂きました。

これも何かのご縁でしょうか?

そして、見積書を出すことになり、

数日後、「彩花さんにお願いすることにしました」

と、奥様から電話がありました。

このような結果が出て、

スタッフも彩花理念を伝えて仕事しているのだなと

嬉しくなりました。

仕事は人と人をつなげて広がって行くのだと

つくづく思います。

▪️ハウスクリーニング 福岡

 

たま刊とよます8号(NO、121)より

先日6年間1回もメンテナンスしていなかった
(フイルターさえも)エアコンクリーングしました。

お願いしたのは芥屋にいらっしゃるクリーン彩花さんです。

結果「18℃、ハイパワー」でもあまり冷えなかったが
「27℃、通運運転」で冷え冷えになりました。

これには普段あまり驚かない嫁さんや子供もびっくり。

本当の「表示の間違い❓」というくらい変わって驚きました。

半信半疑でしたが本当にこんなに効果あるんですね。

迷っているかたはぜひやってみることをお勧めいたします。

▪️ハウスクリーニング 福岡

 

エアコンが壊れる

本日休診の歯科医院のエアコンクリーニグに入りました。

6台した中で、1台が作動しなくなり壊れたようです。

それも診察室のメインの業務用エアコンなのです。

メーカーに電話しても今日は修理に来られないとのことで、

早くても明日の昼休みくらいと・・・。

それを院長に報告すると

「 それでは、明日の診療に支障が出るので困る」と、

謝りに謝って、それでお願いして対応。

しかし、大変なことで担当も冷汗が出たと思いますが、

私もあわてました、無事に良くなりました。

院長にも許していただいたみたいです。

これからも何が起こるかわからないので

気を引き締めて作業を行っていかないと

それでも起きた時は

素早い対応の大事さを感じました。

▪️ハウスクリーニング 福岡

 

 

あなたの言動は大丈夫か?

子供は、親のマネをしたがる。
子供は、大人のマネをしたがる。
それは、良いことも、悪いことも。

会社の社員も同じこと。
上司にとっての部下も同じこと。
下は上のマネをする。

しかし、マネをするのが大変なことは、たいてい、マネされない。
どれだけ良いことでも、大変なことは簡単にはマネしてくれない。

反対に、簡単なことは、マネされる。
それが、悪いことであっても、簡単にマネされる。

部下は簡単にできることから、マネしていく。
良いことから、マネしていくのではない。
上司は、この事実から目を背けてはいけない。

上司の上司は、社長だ。だから社長の言動は多かれ少なかれ、
下に伝わっていく。下に伝染していく。

あなたの言動は、大丈夫か?
マネされて困るようなことを、あなた自身がしていないか?

あなたの言動が、
最も悪い形で拡大解釈されていく・・・
それが会社だということを、肝に銘じておこう。

▪️ハウスクリーニング 福岡

 

 

 

仕事を通じて人間成長

エアコンキャンペーン最後の追込みになってきました。

1000台目標で900台になってます。

数字のほうは去年とかわりませんが、

今回はホームページからは少ないですが、

スタッフの担当リストから電話による集客数が凄い。

このことはスタッフのお客様通じての会社理念の浸透。

それによっての成長ではないかと思います。

このことが商いの醍醐味なのです。

これから成長がさらに楽しみにです。

▪️ハウスクリーニング 福岡

 

悪口が蔓延していないか❔

「チームを変えたい」

そう思ったら、
最初に取り組むべきことが一つある。

それは・・・「仲間の悪口を言わない風土」をつくることだ。

良いチームには、ない。
悪いチームには、ある。
それが、悪口と陰口だ。

悪口陰口文化がチームの中にある限り、
チームは良くならない。

仲間の悪口を言っていないか?
それが恥ずかしいことだと教えているか?

悪口陰口は、チームのバロメーター。
常に気をつけて悪口陰口のないチームを目指そう。

それは、良いチームの第一条件。

▪️ハウスクリーニング 福岡