逆境、悪条件こそ発展のバネ

!cid_D370D7F6-69DB-4AB0-997D-2316FE470E28
逆境は人間を大きく発展させるチャンスである。

悪条件も同じく人間を前進させるための貴重なバネである。

もし、そのことに忍耐していけるならば、近い将来に必ずや、
あなたは発展し、大成するであろう。

しかし、以下のことを、よく耳にする。

「ひどいピンチだ。自分にはできそうにもない」

「現実は厳しい。とても無理だ」

「自分には能力がない」

「おれはダメな人間だ」
と思い込んだり、グチをこぼす人がいる。

そうして、あげくのはてに、物事を途中で投げ出して、
そうそうに諦めてしまう人が少なくない。

もし、そのような人が何かのきっかけ・・・たとえば良書に出会う・・・で、
何としてでも困難を突破し、絶対に目標を達成しようと強く決心する。

その積極的な心がまえによって、障害が取り除かれ、
思わぬ援助者が現れて、ついには難題を突破し、
目標を達成できるのである。

いわば、心の持ち方一つで、人生はどのようにも変わるのである。

逆境に立たされてもたじろかず胸を張って迎え撃つ。
悪条件を歓迎することだ。
常にその心がまえでいると、必ずやる気やファイトが出てくるはずだ。

「ハングリーでなければファイトが生まれない」とよくいわれる。

どん底に落ちてこそ、強い闘志が燃えあがるものである。

繰り返すが、どんな状況でも、いかに困難なハードルであっても、
立ちふさがるものに対して立ち向かって行く。

これでもか、これでもかと、あくまで前進することをやめない。

そういう確固とした精神を持ちつづけて進めば、
前途に立ちふさがり、ゆくてをさえぎっているかのように思えるものも
乗り越えることができるのである。

運命あるいは人生は、自分の意志によって、
どのようにでも変えていくことが可能なのだ。

誰にでもピンチや困難はある。

「自分の力では無理だ」といって、回避したり退却するようでは、
もちろん目標は達成することができず、成功もおぼつかなくなる。
不運を克服してこそ、成功は一歩一歩近づくのである。

悪い状況を突破し、成功するためには、情熱と信念がなければならない。

すなわち、第一に心が燃えなければダメであり、
第二に「できる」という信念がないと成功が遅くなり、または挫折してしまうこともある。

ではどうすれば、やる気が強くなり、かつ信念が生まれてくるのだろう。

まずなによりも大切なことは、積極的な心がまえをもたなくてはならない。

「成功をひきつけるのは、心の力である。

あなたが成功させるエネルギーは、あなたの心のなかにあるのは、
心の力である。

あなたを成功させるエネルギーは、あなたの心のなかにあるのだ。

望みどおりに人生を生きるカギはここにある。

心の力とは、つまりポジティブ思考に裏打ちされたものである。

積極的なプラス思考で行動すれば、絶対に変えられないものはない。

「思考というものは、一つの実体、しかもその思考に裏ずけたものである。

積極的なプラス思考で行動すれば、絶対に変えられないものはない。

思考というものは、一つの実体といってもよい。

それは強力なエネルギーをもっているのです
2016/07/25

メモの力

201406081530000000115

例えば読書によって心を打たれる言葉をするたびに、

手帳にメモする方法がある。

だが、単にメモすればいいというものではない。

書くという行為は「想像」としても強力なものであるから、

強い気持ちで書くようにつとめることが大切です。

これは書くという行為が、潜在意識へ強く働きかける効果を

利用したものである。

どんなに忙しい人でも、毎日二分間ぐらいは

メモ時間にさくことができるだろう。

毎回手帳に一、二行書いたとして一週間で1ページになる。

それを、一年間つづけていけば、手帳の一冊は信念や情熱、

忍耐力を強める言葉で埋まってしまう。

そしてこの手帳をいつもポケットに忍ばせ、合間を見ては、

心を込めて繰り返し目にしたり読んだりすれば、

必ずや徐々にその効果があらわれるはずです。

 

2016/07/24

チームを、つくろうとしているか?

!cid_70FCCA44-F283-49B0-8D3F-9DE6BD7BB538

継続する経営には「総合力」が必要だ。

しかし、社長が万能であるハズがない。

得意な分野もあれば、不得意な部分もある。

人は誰でも、不得手で嫌な仕事がある。

そんなことを、どれだけ一生懸命にやっても大きな価値は生み出せない。

だからこそ、チームをつくる。

あなたにとって、不得手で嫌な仕事は、

誰かが得意で好きで24時間やっても飽きない仕事かもしれない。

誰かにとって、不得手で嫌な仕事は、

あなたが得意で好きで24時間やっても飽きない仕事かもしれない。

人には違いがある。

その違いを組み合わせて最良を生み出していくこと。

それがチームビルディングの醍醐味だ。

チームをつくろう。

それによってメンバーの一人ひとりが輝けるようになる

 

2016/7/23

訪問の大事さ

!cid_EF501461-638A-4B6F-A9B0-0C3C42C7EF93

自社は、清掃終了後、彩花新聞を持って

お客様訪問を繰り返しています。

このことの大事さを最近改めて感じてます。

お客様を知ることによって信頼が生まれて、

仕事の活動にすごく役に立っています。

又、作業でのクレームも同じです。

色々なことを考えていたら、足が止まってしまいます。

そこで、勇気を出して素早く訪問対応したらいい結果に繋がっていきます。

悩んでいた心が晴れて、爽やかな気持ちに変わって行き、

お客様との関係が深まり信頼に繋がります。

そして自分もこの体験から成長して行くのです。

訪問は仕事の繁栄の鍵なのだとつくづく思います。

 

2016/07/22

わくわく人生

!cid_A1C3E799-2912-4E5D-BF9F-0787B78492C1

わくわくする人生にするにはどうするか?

一つは「好きになること」です。

なんでも好きになれば、楽しくやる氣になってきます。

では、好きになれないときはどうするか。

そういうときは「自分はこれを好きになる」と

口に出して言ってみることです。
「楽しいな、楽しいな」と嘘でもいいから

自分に言い聞かせるのです。

二つ目に「イメージ化」することです。

どのようなイメージか?

それは自分の願望や目標が達成できたときの喜びです。

そのイメージは出来るだけ詳細に描いて下さい。

三つ目は
「他力本願」ですが、これも効果的です。

他人に「認められる、ほめられ、受け入れられる」
ようにすることです。

このポイントは、認められる人、ほめてくれる人、
受けいれてくれる人を探すことです。

この三つがそろえば、「わくわく人生」はまちがいありません。

どれか一つをとことん実践して見ることから始めたらどうでしょうか・・・

 

2016/07/20

お客様を通じて人間成長

!cid_3F0BB27A-AE96-4F0D-BE81-1BFA62CB87F2

エアコンクリーニングキャンペ−ンの数字が伸びています。

1昨年、最高記録1000台を出した時と比べたら、

この時点で50台ほど上回ってます。

この勢いでいけばなんと1100台という数字を

クリアする可能性が出てきました。

今回の数字が伸びている理由は、スタッフが自店のお客様に対して

電話や訪問してのお奨めの結果のようです。

まだ、キャンペーン期間は1ヶ月半もあるのに、

もう達成者が10名中3名出ています。

このキャンペ−ンを通じて又、成長したようです。

このことが、彩花の理念でもある

「お客様を通じての人間成長」ではないかと思います。

 

2016/07/19

口ぐせ

「口グセ」は、実は人の運命を左右する大きな力があります。

普段、何気なく発している「口ぐせ」は、

自分ではなかなかきづかないのです。

自分の口グセは肯定的な言葉なのか、

それとも否定的な言葉なのかを、周りの人に確認しておくことが大切でしょう。

危険を抑えた時、発した第一声が、運命の帰路となった体験を持つ人は、

少なくありません。

「何とかなる」「大丈夫、できる」と発した人は再建し、

「無理だ」「もうできない」と発した人は、衰退の道に追い込まれるといいます。

脳は、否定的な言葉を発すると「できない 理由」山ほど集めてきて、

「無理」「できない」を確定するのです。

また、逆に、肯定的な言葉に対しては、

「やれない理由」「うまくいく方法」を次々と見つけ出して、

「これでよかったのだ」との結論に導いていくのです。

危機に直面した時、肯定的な第一声を発するようになるには、

普段から建設的な明るい言葉を「口グセ」になるまで

発し続けることが大切なことです。

特に「アーとか、ウーとか、キツイ」の第一声は近くにいる人を

消極的な気持ちにします。

又、自分で口にした言葉が自分に返って来て、

消極的な自分を形成してしまうのです。

明るい所に人は集まって来ます。

ちょっと振り返って言葉のチェックをしましょう。

 

2016/07/15

私の人生

高校を卒業後、二つの会社を経験し、

その後、あの有名なダスキン加盟店に入社して16年間働きました。
この会社とのご縁があり私の人生が変わったのです。

たまたま、高校の先輩が課長でおられ(最後は九州支店長に)この方のおかげで、

営業力がみるみるうちに付き成長して行きました。

この方は、高校の後輩・糸島の人間ということで目をかけてもらい「モッチャン」と

声をかけて頂いたことで、自分が変わっていきました。

まさに、親・先生から褒められることと同じではないかと思います。

なぜか、成績と共に、短期間で自分が変わっているのが判るのです。

自分が営業に向いていたこともあったと思いますが・・・

それに気づかせて頂き声をかけて頂いたお陰と思います。

福岡地区・県・九州でナンバーワンになり、全国的にも「九州には持田がいる」

とまで言われるようになり、アメリカ・香港マカオ・オーストラリアなど招待で行かせて

もらいました・・・

又、人から人の噂のすごさには驚きました。

自分が自慢して言ったわけでもないのに、みるみるうちに、

知り合いとかお客様や同級生に営業の実績が広がってたのです。

営業もやりやすくなり、営業マンとして実績も挙げ、部下を20人持つようになりました。

しかし、今度は中間管理職の悩みが出てきて、

<営業と人を使うことは全然違う>ことの苦しみに陥りました。

そのことに悩み苦しんで、鬱(ウツ)になり・・・従業員をなぐり・・訴えられる寸前までに・・・

そのようなことが続き、まさか33歳の若さで癌に・・・

その当時「癌」は死を意味することでした。

今は、医学が進み、手術はもちろん・抗がん剤・放射線など治療ができるようになり

「癌」と病院から宣告を受けます。

しかし、その当時は一切、告知してくれません。

だいたい、家族や先生の顔をみればどんな状態かわかります。

手術から5年後、妻とか母親から、その当時の癌の状況を聞いて分かったことですが、

3年位前から出来ていた癌だそうでした。

だから、運良く私は助かったと言うわけです。

家族にも心配をかけました。この時、二人の子供がまだ小学生低学年でしたし、

死ぬかもしれない」と言う恐怖と「絶対に死ねない」と言う強い思いの中で、

人生観がすっかり変わりました。

・・・・・前編はここまで

良い運は自分で作るもの

!cid_C525BFAA-A22B-4803-A81F-D94F1BC02D42

エアコンクリーニングキャンペーンの広告を付けた車で、

昼食をとるため食堂に入りました。

この店は以前、時々立ち寄っていましたが、最近ご無沙汰してました。

食事が終わって帰ろうとしたら、大将が車のマーキングを指さして

「これまだやっていますか」と尋ねられました。

「ハイ、やってますよ」と言うとお願いしたいとのことで、契約をいただきました。

昨日、貼り付けたばかりで、注文が入ってくるとはビックリ、

そして、たまたま5年ぶりぐらいに立ち寄ったお店から・・・

店の入り口駐車場に頭から止めないで、

バックで止めたので広告が大将の目に入ったこと・・・・

なんと運のいいこと、偶然とはいえ、常に明るく積極的に前に進んでいたら

このような運が廻ってくるのだと思いました。

この気持ちを忘れず前に進んで行きます↑↑

彩花の全車にマーキング

!cid_B6C5D650-B64C-4F20-84E3-B35387597670
6月から西鉄バスの後方にエアコンクリーニングキャンペーン
広告を2台載せています。
知り合いやお客様から「見たよ」と言う嬉しい声が
入ってきています。
まずまず宣伝効果が出ているのでは・・・
そこで、我社の車8台にもこれと同じように作成し、
車の後方に広告として載せることにしました。
何か、私(社長)の顔のイラストが入っているので、
恥ずかしいような嬉しい気持ちです。
この広告の効果が出て、エアコンクリー二ングキャンペーンも盛り上がって
グラフの数字も伸びてます。
残り7月・8月の2ヶ月間で目標数をクリアしたいとみんなで頑張っています。