プロの技術

14-06-23_002ある福岡の宴会施設のジュウタン清掃の依頼があり、

本日作業に入りました。

依頼先は、このジュウタンを張ったところからです。

今まで、この施設を管理しているビルメンにお願いしているが

キレイにならないので、自社に依頼が来たといういきさつです。

14-06-23_005一日かけて、作業した結果、ジュウタンは凄くキレイになったようです。

施設の社長や総責任者の方が作業を見にこられて、

担当と名刺交換をして、キレイになっているので喜んで頂いたみたいです。

14-06-23_003この結果、3ヵ月一回の定期に入ることになりました。

他の業者で出来なかった作業が、

自社でキレイに仕上がり、お客様のお役に立てたことが何よりです。

 

2014/06/24

人間はダイヤモンドの原石

daiya gennsekiダイヤモンドの原石は磨くことによって光を放つ。

しかも、それは、磨き方は色々、カットの仕方いかんで、

さまざまに異なり燦然(さんぜん)として輝きを放つのである。

それと同じように、人間はだれもが、輝けばそれぞれに光る。

さまざまな素晴らしい素質をもっている。

だから、人を育て、活かすにあたっても、

まず、そういう人間の本質というものをよく確認して、

それぞれの人がもっているすぐれた素質が活きるような配慮をしていく。

それがやっぱり、基本ではないか。

もしそういう認識がかければ、いくらよき人材がそこにあっても、

その人を人材として活かすのはむつかしいことです。

2014/06/23

時間は有限

daraltuka-マネジメントの父と称されたピーター・ドラッカーの

有名な言葉に、「時間は最も希少な資源である」があります。

私たちは「時間」というものを、

いつまでもタダで手に入るものと

勘違いしてしまうことはないでしょうか。

時間は一定量を消費すれば、その後は誰であっても

追加分が配給されることは絶対ないのです。

「時の刻みは、命の刻み」という言葉があります。

「人生の充実度は、濃密な時間をどれだけ積み上げてきたかで

決まってくる」という意味です。

例えば、通勤時間を、どのように過ごしているでしょうか。

短い時間であっても、読書、スケジュールの確認、

休息など、活用方法は様々です。

時間は資源であると考えれば、その捉え方はガラッと変わるはずです。

日々の生活の充実度をレベルアップさせるために、

まずは一日の中に生じる空き時間を大切にし、

工夫することを心がけてみましょう。

そのような工夫から、仕事に活用できるヒントが見つかるものです。

 

2014/06/22

クレームは成功の素

kure-mu普段の行動が、目の前の仕事で終わってないか?

この行動は、魅力のない仕事になり、

お客様から支持されず成長はのぞめません。

失敗を望んで仕事をしている人はいませんが、

一生懸命にしていたらクレームになることも出て来ます。

このクレームは凄いチャンスになるのです。

お客様は作業状況を見ると同時に、人間観察をしています、

どれだけ信用できるかなど…

特に、クレームがあった場合はその対応で、

担当者の信用度を図ってます。

しかし、失敗を怖がって目の前の仕事だけをしてる人には

このチャンスは来ません。

ここに、仕事を通じて人間が成長するか、

作業員で終わるかの別れ道が隠されているのです。

まさに、クレームは成功の素なのです。

 

2014/06/21

ホームページのリニュ-アル効果が

gurafu7

 

5月から新しいホームページにリニューアルして効果が出ています。

今年になって、ホームページの売上が落ちて来ているのが気になり、

作りかえることにしました。

今回のホームページは業者に任せっぱなしでなく、

全画面を自分の目を通して確認しました。

作業中の写真、文面も会社の声として

お客様に伝わるように入れてます。

そのような効果が現れたのか、

6月の問い合わせは、凄いものがあります。

今年1月から5ヶ月分と同じ位の情報カードがあがってます。

その勢いが繁栄してエアコンクリーニングキャンペーンの

グラフの台数も伸びています。

常に、会社の状況を把握して、

行動することが大事だとつくづく思います。

又、このことが、スタッフの勢い、成長にも繋がっているようです。

※赤いリボンは達成者です。

まだ、50日以上あるのに凄い勢いです。

これからの数字伸びが楽しみです。

 

2014/06/20

挨拶は自分から

34740520_480x477挨拶は、コミュニケーションの第一歩です。

人と人の心の距離を縮め、より良い人間関係を生み出すことから、

挨拶は心を結ぶ金の鎖と言われます。

しかし、瞬間的に、日々何気なく交わしているだけに

つい形だけになって、本質が伴わないことがあります。

挨拶の本質とは何でしょう。

挨拶とは、自分から心をひらき、

相手を受け入れる姿勢を表明するものです、

「私はあなたに対して心をひらいていますよ」という

真心のこもった挨拶は、必ず相手の心に届きます。

また、「されたから応える」「好きな人にだけ挨拶をする」では、

本当の挨拶とはいえません。

自分から進んで挨拶をする、

すなわち、自分が先に心をひらくところにこそ、値打ちがあります。

たかが挨拶、されど挨拶です。

誰に対しても、先手で明るくはっきりと、

相手の顔を見ながら、朗らかに美しい挨拶をかわしましょう。

 

2014/06/19

空間イメージ提案

kani梅雨の時期でカビが出やすい時期です。

本日、定期清掃でお世話になっている

Iクリニックから壁の清掃の見積もり依頼が来ました。

行ってみると、壁に青カビがついて汚れています。

せっかくの可愛いクリニックが台なしになっているではないですか。

又、これでは衛生的にも、いい感じはしません。


特に、このクリニックの回りは、田んぼで、

今、田植えの時期で水が引いてあります。

そういう環境なので、青かびが繁殖しているようです。

多分、自社のスタッフも定期清掃に行ってる時に

気づいていたと思いますが、

目の前の仕事をするだけで先に進んでいません。

我社のビジョンである

「空間イメージの提案」がなされていないことが残念です。

どんな現場も、気がついて提案することが大事です

 

 

2014/06/18

お客さんが大切な親友だったら?

059-500x500大切にしている親友が、お客さんになるとしたら?

どんな商品をつくり、どんな売り方をして、

どんな商売をするだろうか?

大切な親友に、その商品を売るだろうか?

大切な親友に、その売り方をするだろうか?

この考え方が原点にある会社は、

お客さんと深い信頼関係を築くことができる。

信頼のあるところにしかビジネスは生きられない。

「お客さんは大切な親友」

そう思ってビジネスをしていたら、間違いは少ない。

 

 

2014/06/17

新しい芽が・・・

本日より、新しい女性スタッフが増えました。

26歳の独身女性です。

車は乗れますが、家は近くなので自転車通勤するようです。

初日で緊張しているようですが、若いからすぐ慣れて仕事も早く覚えると思います。

若い女性が入ってきて、平均年令が若返り、社内の雰囲気が変わって、新鮮になりました。若いっていいですね!!

この雰囲気がエアコンクリーニングの数字に結びついたらと思います。

エアコンクリーニングキャンペーン発足懇親会

本日、夕方から営業会議を行い、キャンペーンの今後の活動の確認をして、その後、発足懇親会を居酒屋で行いました。

5月は準備期間でありながら、230台という数値が上がり、

去年より100台もオーバー・・・。

今年はスタッフの動きが早く、自分が以前作業に行ったお客様に電話をして契約、数字を上げています。

そんな雰囲気で、懇親会もスタッフ全員が参加して皆の心が一つになり盛り上がりました。

最後に、部長の「ガンバロー」の掛け声で閉めました。

若い人は、その後カラオケの2次会に行ってました。…元気がありますね

今年は800台を目標にしていますが、900台行きそうな勢いです!!