まず人に与えること、それが自分返ってくる

・・・あるお話です・・・

若いころ、初めて家を持ったときに、くわが破損してしまった。

隣の家に行って「くわを貸して下さい」といったら、

隣のおじいさんは、「今この畑を耕して菜の種をまこうとするところだ、

まき終らなければ貸してやれない」というのです。

私は家に帰っても別にする仕事がないから、

「私がその畑を耕してあげましょう」といって耕して、

それから「菜の種を出してください、ついでにまいてあげましょう」といって

耕した上に種をまいて、そうやってくわを借りたことがある。

そうしたら隣のおじいさんは、「くわにかぎらず何でも

差し支える事があったら遠慮なく言って下さい、

必ず用立てましょう」といった話です。

この話で、分かることは、まず相手に与えることで、

それが自分に返ってくるという報徳の思想がとても分かります。

私も交通安全でいつも立っているのですが

子供達や地域の人から、明るい笑顔と挨拶を頂いています。

「万物にはすべて良い点(徳)があり、それを活用する(報いる)」

という思想=徳をもって特に報いる

この精神が、会社の成長にも役に立っているのではないかと思います。

これからもひとつずつ積み重ね、仕事を通じてこのことを理念としてやって行きたいです。

笑顔の挨拶は仕事のパスポート

毎週トイレ清掃で入っている整形外科があります。

ここのスタッフさんは、ピンクやブルーのユニフォームを

着用されて、笑顔で挨拶されとても感じがいいのです。

患者さんだけでなく、我々業者にも気持ち良く対応してくれます。

何かここの仕事に行くのが楽しみになります。

こういう気持ちにさせてくれるのは、「笑顔で挨拶」の力ではないか

と思います。

特にこのような外科では患者さんの不安を和らげることが大事。

特にお年寄りは不安がいっぱいで来られるので、

患者さんの受け入れ態勢が大事と思います。

声掛けやすく、悪いところをすぐ言えれば悪くならずに済むでしょう。

このように笑顔の挨拶から、コミュニケーション作りが出来て道が

開けるのです。

このことは、我々の仕事にも当てはまります。

作業するだけでなく、いかに関係を深めてコミュニケーションを作る。

そのことから、お掃除の提案によるお役立ちが生まれるのです。

笑顔で挨拶は仕事のパスポートと思って明るい一日を!!

子供を通じて地域が深まる

会社の近くの方から、掃除の依頼の電話が入りました。

お話を聞くと、朝、通学で通る姉妹のお母さんからです。

最初にお母さんから、「いつも娘たちがお世話になっています」

とお礼の挨拶を頂きました。

以前、ズボンのポケット入っていた<マグネットシール>を

その子に渡していたのを思いだしました。

それを、お母さんに渡してくれていたみたいで・・・

私のことを子供さんから聞いていて名前など知っていました。

マグネットを渡した翌日、「お母さんがお掃除の電話すると言っていたよ」

とは聞いていましたが、まさか、実現するとは・・・

交通安全で横断歩道に毎日立つようになって5年になりますが。

色々な方と知り合い出来事が生まれています。

子供達を通じてこれで4件の仕事が入ってきました。

何も仕事が欲しいと思う気持ちで立っている訳ではありません。

ここ立つことで、地域の沢山の方と、知り合えて

助けて頂いています。

これからも子供を思う気持ちと、地域に根ざす経営を

目標に頑張って行きたいと思います。

朝、立っていると姉妹が来たので、お礼を言うと

「社長さんに宜しくと言っていた」と話してくれました。

・・・本当にありがとうございます。

顔をあげよ

第一に、成果を上げるには、進むべき道を見捉えなければなりません。

これを組織のミッションといいます。

ミッションは追求し続けるものです。

第二に、目を向けるのがビジョンです。

ビジョンとは期限つきの到達点であり、

そのイメージを鮮明化させればさせるほど、

たどり着く可能性に分割することができます。

ただし、ミッション、ビジョン、目標はすべて組織の言語であり、

そのままでは顧客に伝わりません。

顧客の言語に置き換えなければなりません。

そのためにには、顧客の立場でもの見たり、

考えたりできるようになる必要があります。

これは、組織の中についても同じです。

ミッション、ビジョン、目標の何を見ているか、

どのくらい理解しているかは、人によって異なります。

上司や部下、同僚の目線は、どうでしょうか。

自分の目線で見えるものについても、曖昧なままにしておかず、

「貢献の形とは」「貢献のタイミングとは」「具体的な貢献方法は」

といった具合に、常に具体化しましょう。

日常の忙しいさの中では、つい、目線を手元に行きがちです。

顔を上げ、まわりの仲間に問い、窓を開け、外にいる顧客に問いかける。

そんな行動が、真の成果と貢献を思い出させてくれます。

お客様に目を向けることの大事さ

以前、糸島に調剤薬局の店長をしてあり、

今度、福岡市に新店舗をだすからお掃除して貰いたいが

そこまでこられますかとのいきさつがあり引き受けて

掃除をさせていただいていました。

床材がノーワックスの床だったので、

はげてくるのではと心配していました。

やはり、時間が経ち、部分的にワックスが剥げてきたようです。

そういうことで剥離作業をしていました。

私は現場に行けなかったのでその後が心配になっていました。

1ヶ月くらいなるので、近くにい行ったので立ち寄りました。

昼から休みになっていたので、彩花新聞をポストに入れて帰ってきました・・・

そうすると、メールが入っていました。

お世話になっております。Y薬局のMです。

こられたのですね、郵便ポストを確認したところ「彩花新聞」がありました。

水曜日は午後お休みをいただいておりますので、

わざわざお越しいただいたのに失礼いたしました。

先日の清掃&ワックスがけですが、一か月以上経っても、

ワックスが剥がれることなく快適に営業ができております。

ありがとうございました!

今後ともよろしくお願い申し上げます。

朝晩が肌寒くなってきました、どうぞみなさまご自愛ください。

とお礼が・・・

こちらもお礼の返信をメールしました。

地域に愛される経営

眼科が会社の近くに出来ていて訪問していました。

建築会社からワックスは必要ないと言われているようです。

一応、定期清掃の見積もりと毎日の日常清掃の提案書を出していました。

その眼科の前の道を通るたびに、諦めきれず

他の掃除業者に取られないかと不安に思い通っていて、もう10ヶ月経つので諦めていました。

ところが、眼科から掃除の問い合わせの電話を頂いたのです。

定期清掃の話を聞きたいと、院長先生からです。

どうにかして、お役に立てないかと考えていたことを話し、

改めて見積書を出すことになりました。

院内はスタッフさんが、朝や昼休み、診療後など手分けして掃除してあるのでしょう。

キレイにしてあるのにはビックリしました。

そして、待っこと2週間・・・返事を頂き契約となりました。

日程も決まり、ほっと一安心です。

地域に対する意識が何か、オーラを生み出したのでしょうか?

これからも地域に根ざす経営をしていき、地域に愛される経営をしていきます。

おめでとうございます

旧年中は大変お世話になりありがとうございました。

新しい年の始まりに、まずは、この国この場所この時に生かされていることに心から感謝します。 そして、長年、彩花とお付き合い頂いているお客様、新たにお客様になって頂いたことに 心から感謝申し上げます。

このご縁を大切に、お客様のお役立ちが出来るようスタッフ一同、学びを重ね技術を磨き さまざまなご提案をさせて頂きたいと思っております。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2019年スローガン 『組み立てる』 

今年は猪年です。 猪といえば猪突猛進で走って行くといいますが、 実は慎重に進む動物らしいです。良く考えてからいざと言う時に猛進すること だと思います。それをヒントに、彩花のスローガンを決めました。

昨年は、「創り出す」で、たくさんの情報を集めコミュニケーション 作りを強化しました。今年はそれを深めて行こうと思いスローガンを「組み立てる」にしました。自分で考え、お客様創り・チーム創りができるように 年もさらなる成長を目指します。

エアコンキャンペーン追い込みに

エアコンキャンペーンも、

終わりに近づき1ヶ月をきりました。

現在の台数は840台まで到達しています。

目標1000台に後160台になりました。

これからの追い込みが大変です。

スタッフも、ほとんどのお客様に連絡して、

何とか工夫してはいますが・・・。

数字が伸びていないので、朝礼で気合を入れた所、

作業から帰ってきてまたまた、

電話攻撃を始めていました。

その結果、本日の契約台数が、

20台になり数字が伸びました。

やはり何かをすれば成果は出る、

そこを乗り越えたところに人間成長があるのです。

みんなで一致団結して目標1000台達成します!!

▪ハウスクリーニンング 福岡

 

たらいの水の原理

顧客志向について考えるとき、

たらいの水の原理を引用して話すと

非常に分かりやすく納得できます。

お客様・社会に喜んで頂ける原理なのです。

「たらいの水の原理とは」もともと二宮尊徳が説いた教えで、

「経営の神様」松下幸之助がこの教えを参考にしたそおうです。

たらいに入った水を、

自分の方にぐいっと自分の方に引き寄せようとして自分の所に

来たと思ったら、手前の縁にあたって、

すぐ縁に伝いに自分から離れて行く。

逆にたらいの水、相手側に送ると、

相手側の縁に当たった水が縁伝いに波に揺れ自分の方に集まる。

そして、相手側に送り続ければ、その波は止まらない。

これを、お客様に例えて、

時間がかかってもお客様に喜んで頂くことをやり続ければ、

必ず自分の所に帰ってくる。

やはり与え好きにならないといけないということが分かります。

そして、善い環境が生まれるとこれが、

原点の理念だということです。

▪️ハウスクリーニング 福岡

心のレンズ

心のレンズは積極的な心構えを維持する上でも
意味があります。

消極的で自己否定的な考え方、
積極的で自己肯定的な考え方に置き換えるよう
意識的・技能的に努力することです。

積極的な心構えとは「心のレンズ」なのです。

レンズが黒味を帯びれば、見える景色は当然暗い。

ひきかえ、空の色のように透き通してみれば、
景色はもっと明るいものになる。

もし、風景が薄暗くみえるようだったら、
別のレンズに変えればいいだけのことです。

見たくない風景を前にいつまでもたたずんで
いる必要はない。

レンズはいつも取り替える事が可能のです。

あなたは、自分次第で見たい風景を選択できる。

もし「毎日が退屈でしかたない」と思っているならば、

あなたの手中には別のレンズがあることを知って
おいてほしいものです。

心のレンズを積極的に変えることで、
幸せになるのです。

▪ハウスクリーニング 福岡