仕事とはWin-Win

想いだけじゃ、経営は成り立たない。

経営には、ココロも大切だけど、戦略や技術も必要。

本来、とても小さくて弱い存在の雑草が、

たくましく生きているのは、戦略を持っているから。

雑草は、戦わない。

とても上手に戦いを避けて、力強く生き残っている。

小さな会社も雑草と同じ。

正しい戦略を持っていれば、力強く生きていける。

小さな会社の正しい戦略は、戦わないこと。

幸福を追求しながら生き残っていくためには、戦ってはいけない。

ビジネスは不戦勝でいいんだ。

又、仕事とは誰かに対して価値を生み出すもの

人に喜ばれるものでなければ価値ではない。

仕事とは「Win-Win」を生み出すもの、戦いは1つの「Win」しか生まない。

ひとを喜ばせるものを生み出すために誰かと戦うことは必要ではない。

それは結局、自分のためにしかならないから仕事において

戦いが必要になるとすれば、それは自分自身との戦いのみである。

kusatori10

※この急斜面の草を切りました。

断っていいのですが、

そこに、経営に対する「商い心」の意味が

隠されているような気がします。

 

2014/09/04

ハウスクリーニング 福岡

今日を精一杯に生きる

raltuki-「あの時こうすればよかった」「昔はよかった」などと、

ラッキーだった過去に思いを馳せ、

その再来を願い、今日の現実を嘆いている人が多い。

しかし、いくら嘆いても過ぎ去った過去は二度と戻らないし、

訂正もできない。

その時間があるなら、変えることのできる、

また、つくることのできる明日を夢見て、今日この日を精一杯生きることだ。

一流といわれる人々と普通の人々を観察していると、

時間と脳の使い方、そして心の持ち方において、決定的な違いがある。

すべての人々のもち時間は平等である。

大切なことは、同じ「一生」をどう使うかなのです。

 

2014/09/03

ハウスクリーニング 福岡

マグネットシート

!cid_01EFCC2B-8EF5-4D17-8700-94A952531E9Aハウスクリーニングの現場に行って

領収書や名刺をあげて来てますが、

それを保管している人は少なく、

1回限りのお客様になっているのが現状です。

何か残すものはないかと、以前、粘着シールで社名と電話番号が入った

シート作っていたのですが、跡がのこるので

お客様は貼るのを嫌がるので困ってました。

そこで、今回マグネットシートのことを知り、作成することにしました。

これだったら、冷蔵庫などにペタッと磁石でくっつくので、

お客様も利用して貰えるでしょう!!

デザインが出来ましたので紹介致します。

 

2014/09/02

ハウスクリーニング 福岡

親孝行の息子

souji子供からエアコンクリーニングの問い合わせの電話がありました。

この声は、以前も聞いたことがある子供の声です。

名前を聞いて、「年は、いくつになった」と聞くと小学6年とのこと。

実は、彼のおかあさんは喋ることができないので、

おかあさんと手話でやり取りしながら、

2年前電話してきて今回で3回目です。

最初、スタッフの富田課長が対応し、

それから彼あてに毎年お掃除の問い合わせが入ってきます。

この親孝行の息子には感動させられ、

6年生になりさらに立派な息子になっていたとのことです。

このように仕事を通じて、いろんな家庭環境の方に出会い、

今回の親孝行の子供さんには、凄く勉強させられました。

これからも沢山の人と出会い、喜びを共有していきたいです。

 

2014/09/01

 

ハウスクリーニング 福岡

棟上げ

muneage1muneage2

 

 

 

 

親戚の棟上げがあり、行きました。

私の祖母の里で、祖母は40年位前に亡くなり、

久しぶりの訪問で、昔その家で遊んでいた

思い出が蘇えりました。

そして、久しぶりにお会いする、親戚の方、隣近所の方など・・・

こういう行事を通じて人と人が、関わり助け合いが生まれ

家族の繋がりがあったのではないかと思います。

最近では、このような行事がなくなり寂しい世の中になって来ました。

そんな中、本日は昔懐かしい思い出を満喫する一日でした。

 

2014/08/31

ハウスクリーニング 福岡

おふくろに商いの勉強を学ぶ

ofukuroエアコンクリーニングキャンペーンも残り、2週間になりました。

ネタ切れしていたところに、おふくろから、

「2年前位にクリーニングした○○さんはして貰ったな」と

助言がありました・・・。

以前クリーニングして頂いた2人に電話すると、

相手の方から「おかあさんは元気にしてますか」と

二人とも聞かれ嬉しかったです。

クリーニングが終わった後、お礼の電話もしてくれてました。

おふくろの力と言うか、付き合いの仕方に深いものがあると思いました。

このように、常にきちんとした付き合いをしているから、

何かあった時、お願いを聞いてくれるのだなと、

またまた、おふくろから商いの勉強を教わりました。

最後の追い込み、1000台目指して頑張ります。

 

2014/08/19

 

ハウスクリーニング 福岡

心のレンズ

心の心のレンズは積極的な心構えを維持する上でも意味があります。

消極的で自己否定的な考え方を、

積極的で自己肯定的な考え方に置き変えるような

意識的・機能的に努力することです。

レンズは黒味を帯びていれば、見える景色は当然暗い。

ひきかえに空の色のような透き通ったレンズを通してみれば、

景色はもっと明るいものになる。

もし、風景が薄暗くみえるようだったら、

別のレンズに変えればいいだけのことです。

見たくない風景を前にいつまでもたたずんでいる必要はありません。

レンズはいつでも取り換える事が可能なのです。

あなたは、自分次第で見たい風景を選択できる。

もし、「毎日が退屈で仕方ない」と思っているならば、

あなたの手中には別のレンズがあることを知っておいてほしいものです。

 

2014/08/17

ハウスクリーニング 福岡

孫が歩く

__tisato4今日は、お盆の最後なので孫、知慧(一歳半)が来ました。

中々、歩くのが遅くて心配していましたが、

なんと本日、25歩、歩いたのです。

本人が一番嬉しそうで、周りもこれでひと安心・・・

今年は、孫が参加しての仏様送りをすることが出来、

ご先祖さまも喜んでいるでしょう。

孫のこれからの成長が楽しみです。

2014/08/16

ハウスクリーニング 福岡

振り子の法則

furiko振り子は左に振れただけ、同じように右にも振れます。

この現象を「振り子の法則」といいますが、

この法則は人間の世界にも当てはまります。

人を嫌えば嫌われ、威張っていると威張られてしまいます。

与えれば与えられ、親切にすれば親切が帰ってきます。

自分の行為・感動が、そのまま自分の方へ戻ってくるのです。

こうした「振り子の法則」を最もよく実感できるのが、

自分自身がピンチに直面した時です。

困った時に、親身になって相談に乗ってくれ、

手を差し伸ばしてくれる人に出会えるかどうかが、実は私たちの人生を支えています。

これが運・不運の分かれ道であり、人生のタイミングポイントとなります。

人を助けたことも人に尽くしたこともない利己的な人のところに、

どうして「正義の見方」が表れてくれるでしょう。

〈情けは人の為ならず〉です。

過去の善い行いが巡り巡って、現在の喜びとなります。

今の言動に正比例して、明日の幸せが与えられるのです。

※盆休みも今日で終わり、明日から「振り子の法則」の仕事をして行きます。

 

2014/08/15

ハウスクリーニング 福岡

たくましい雑草

zaltusou地域の行事に久しぶりに参加し、

その日は、神社の清掃活動で、

境内と道路に生えている雑草取りをして感じたことです。

境内の土から生えている雑草は、手で引っ張ると、

すんなり抜けました。

ところが、道路の雑草は強く引っ張ってもなかなか抜けません。

釜を使って、やっとの思いで抜けました。

境内と道路に生えている雑草は同じ種類で、ほぼ同じ長さです。

しかし道路の雑草は、アスファルトの亀裂の隙間を

破るように生えているせいか、根と草が太く、頑丈なのです。

最近、仕事上のトラブルや問題が多発して気が滅入っていましたが、

夢中になって雑草を取っているうちに、心が晴れてきました。

困難やトラブルはないに越したことはありませんが、壁があるほど、

それを乗り越えていく中で得るものがあり、雑草のようにたくましくなるのです。

この試練が自分を成長させてくれると思うと、

問題もプラスに受け止めることが出来ると、雑草取りで思いました。

 

2014/08/14

ハウスクリーニング 福岡