小さな職場体験

孫(知彗5歳)が、毎週日曜日に

糸島の実家、我が家に来ています。

その孫が、近くにあるカフェ

「糸島ピクニックビレッジ」

でお手伝いしたいと言い始めました。

いきさつは、最初、そこの広場で、

自転車・滑り台などで遊んでいました。

その時、キャンピングカーでお店をしている

女性オーナーさんに、可愛いがられるようになり

お手伝いの約束をしたようです。

今日は昼から来て、すぐお店に飛んで行きました。

あまり帰ってこないので心配になり

お店にいったらエプロンまで作って頂いて

手伝ってました。

まだ、「いらしゃいませ~」の声は小さいみたいですが

嬉しそうにしてました。

さすが、私の孫だなと思い嬉しくなりました。

今日は、5歳の小さな職場体験の1日でした。

▪️エアコンクリーニング 福岡

クレームで関係は深まる

20年間、毎月お掃除に入らせて頂いている

クリニックがあります。

本日、スタッフが忙しいために現場に入りました。

院長に「お世話になってます」の挨拶をすると、

開口一番、

「社長大丈夫ですか」の心配のお言葉を頂く(笑)

久しぶりに入って院長先生のお顔を見てお話すると、

色々な思い出が浮かんできます。

20年前の契約した時の思い出や、開業の時、

コンサルタントの人とのやりとりなどが鮮明に蘇りました。

20年間お付合いしていたら、いろんなことがあります。

特にこのクリニックとはアクシデントがあり、

クレームも良く覚えています。

それなのに今もこのようにお付合いさせて

頂けているのは、クレームはお客様関係を深める

チャンスなのかもしれません。

だからこそ、クレーム対応が大事になってくるのです。

失敗から逃げたら、変な関係になって縁が切れてしまいます。

そして、自分の心もいつも逃げる癖がついて成長が止まります。

クレームは、ビタミンと言われるように、

誠意を持って対応すれば、このように繋がって行くのが分かります。

まあ、あまり、クレームはないに越したことはありませんが・・・

▪エアコンクリーニング 福岡

新しいチャレンジ

公共の場で、カーペットの清掃が出来ないため、

1枚1枚剥がして、

毎月100枚のじゅうたんが会社に送られてきます。

最初は、どのようにして洗うか、色々と考えてやったのですが

中々キレイにならずクレームが続きました。

色々と思案した結果、今の方法で仕上げたら、

上手く行き大丈夫でした。

その作業工程は、

大きな容器に特殊の洗剤を濃いめに入れて、

2日間つけおきして、高圧洗浄機で洗い、

じゅうたん洗浄機で汚水を吸いとり

外に干して乾燥させると夕方には乾くという工程です。

天気に左右されるので、気候が問題にはなりますが・・・

この方法を行ったら、シミも汚れも取れてキレイになります。

お客様も安心され、やっと信用を得たようです。

初めての仕事で、勉強になりました。

今後も新しいことにチャレンジしていきたいです、

▪エアコンクリーニング 福岡

外壁清掃

半年前に、家の外壁清掃(カビ取り)の見積もりを

出していたのが決まりました。

現場は、外壁の前に池があるのです。

その池から、青カビの菌が風にさらされて

飛んできているのが原因でしょう。

まだ、家が建って4年ぐらいというのに

玄関側の外壁は黒く変色していました。

そういうことで、本日、現場に入って作業を行いました。

工程としては、カビ取り剤を噴霧機で壁に噴射して、

高圧洗浄機で洗い流して、

乾いてから、抗菌剤を塗布しました。

奥様も、最初は不安そうにされていましたが、とても

キレイになり喜んで頂きました。

カビは、中々、手ごわいので様子を見ながら

今後も対応していきたいと思います。

▪️ハウスクリーニング 福岡

仕事の意味は現場にある

エアコンクリーニングキャンペーンが始まって

20日が経過しました。

8月半ばまでの3ヶ月半の期間に1000台を目標にしています。

なんとすでにもう、300台に到達しようとしています。

どうしてこんなに早くこの数字になるかと・・・

それはスタッフが作業から帰ってきて、

それぞれの担当のお客様に電話をして

契約を取った結果なのです。

多いスタッフは1日に10台近くの予約が上がってきています。

この契約率は、現場作業に入っての対応の仕方にあるようです。

まさに、クリーン彩花のミッションである

「喜ばれる仕事をする」からの契約です。

現場でお客様とコミュニケーションをとり、

信用に繋がって成果となって現れ人間成長に繋がっているのです。

まだまだ、これからですが、楽しみになってきました。

▪️エアコンクリーニング 福岡

イノベーションを見出す

経営者環境は目まぐるしく変化しており、

経営者は日々大量の情報にさられています。

追い風もあれば逆風もあり、対応を間違えれば

企業の存亡にかかわることあります。

大切なのは、変化に一喜一憂するのはなく、

変化がもたらすイノベションの機会を見出すことです。

組織が新たな価値を生み出す種子を手に入れるのです。

もちろん、全ての種子が順調に育つわけではありません。

常にいくつかの情報にあたりをつけておく必要があります。

それらの情報に、組織の強みや経験の蓄積など加味し、

ふさわしい種子を決め、育てていくことです。

こうして一連の情報を価値にある知識に変えて

いくことです。

▪️エアコンクリーニング 福岡

地域にお役立ちの芽が・・・

新学期も始まり、1ヶ月が経ちました。

新一年生もだいぶ学校に慣れてきたようです。

ある一人の男の子をお母さんが引率して、

校門まで送っていて、そのお母さんが

「H子の母です、いつもお世話になっています」

と挨拶されました。

H子ちゃんは3年生で、私のことを家でいつも話していたようです。

「なかなか、弟は<甘えん坊>で学校になじまないのですよ」

と話してくれました。

お母さんに、「大丈夫、すぐ馴染みますから」と言うと

「宜しくお願いします」と・・・。

そのあとに、「家のレンジフードの掃除をお願いできますか」

と仕事の話をされたのにはびっくりしました。

地域のお役立ちから、何か芽が生まれていることを感じました。

▪エアコンクリーニング 福岡

会社の指針

オンリーワン企業を目指して今年で22期になります。

創業時から、下請けをしない・地域に根ざす経営

⚫車・ユニフォーム(マーキング)・名刺・名札

⚫彩花新聞・ホームページ・フェイスブック

※今年のスローガンである「創り出す」は、

まさに、お客様を通じての人間成長なのです。

経営理念(ミッション)

1、お客様を通じて人生が生まれ変わるチャンスにする。

1、物心共に社員の幸せを求め続ける。

1、他人には喜びの種まきをする。

1、チームワーク良く積極的な心構えで仕事をする。

今年のスローガン

「創り出す」

・仕事(お客様カード・日報による情報のキャッチ)

・お客様、スタッフとの信頼関係(付加価値)

・人(リーダーシップ・スタッフを成長)

理念

喜んでいただく仕事をする

共育

喜びを与えて人間成長(名前を呼ばれて責任が生まれる)

ビジョン

幸せになる(物も心も幸せになる)

 

▪ハウスクリーニング 福岡

 

「コミュニケーション力」を磨き続けているか?

経営は「関わり」をつくる活動だ。

関わる人を増やし、

関わる人との関係をより良く築いていくこと、それが、経営だ。

この「関わり」を構築していく上で、絶対に欠かせない力がある。

それが【コミュニケーション力】だ。

コミュニケーション力とは・・・
自分の想いを、人に伝達する力。

人の想いを、受け取る力。(※)

経営が「関わり」をつくる活動である以上、

この力は、絶対に必要だ。

しかし、成功できない多くの経営者は、

苦手だからといって、逃げている。

または逆に、十分にその力があると過信している。

だから、経営の基礎を築くことができない。

より高い「コミュニケーション力」の上に、

より良い「関わり」は生まれていく。

大切なことを、伝えるために、

大切なことを、受け取るために、

コミュニケーション力」を磨いていこう。

(※)ここで、「想い」とは、感情、意思、

思考などの総称として表現してある。

またコミュニケーションの媒介するものは、

言葉、文字、態度(行動や身振り)

▪ハウスクリーニング 福岡

大浴場清掃

ある学生会館の大浴場

お掃除に入りました。

さすが、男子風呂で

男臭さが漂う汚れてしたが

こんなに綺麗になりました。

(作業前)      (作業後)