バス広告発見

今年もエアコンクリーニングキャンペーンで、

3台のバスに広告を載せています。

本日、その1台のバスをみつけました。

信号で止まっているバスの後ろに発見しました。

ついつい、その後を追いかけて行きました。

私のイラスト広告のバスが

福岡市内を毎日動いていると思ったら何か

恥ずかしさを感じますが・・・

最近お客さまのところに行った時など

「社長、バス広告みましたよ」と良く言われます。

それだけ、宣伝効果があるのだなと思いました。

創業から21年、お掃除会社クリーン彩花も

福岡市民の皆さんから知られるお掃除会社に

なってきているのかな?。

これからも、

地域に根ざすお役立ち経営をして行きます。

▪️エアコンクリーニング 福岡

靴を揃える

1年かけて靴を揃えることを徹底して

スタッフ言ってきました。

その結果身についたようです。

先日、昼に事務所に帰ると数名のスタッフが

食事に帰ってきてました。

靴がみんな揃っているのですが、

一足の革靴が揃ってないのです。

定期的訪問してくる営業マンでした。

我社のスタッフは作業靴なので、

その革靴がさらに揃ってなくて目立つのです。

毎日、言い続けてきたこが身についてきことに

嬉しくなりました。

このことは仕事にもつながっていく第一歩では❔

仕事に向ける姿勢はこのように靴など

ちょっとしたことではないかと感じました。

これからも仕事に向ける姿勢をみんなで

磨いていきたいです。

▪️エアコンクリーニング 福岡

日本女性の素晴らしさ

20年来、おつきあいさせて頂いている

歯科クリニックがあります。

院長先生のお母さんは、83歳になられますが、

お掃除に入る時、いつも現場に来られます。

玄関に置いてあるスリッパを洗って来られて、

取り替える日にしてあるようです。

その姿は、本当に日本女性らしさを感じます。

実は、私の母も同じ歳で、

母と重なり他人とは思えません。

本日、現場に作業にスタッフが入っているので

私もご挨拶に行き、元気な笑顔を見て安心しました。

終わったら自宅まで送るようにスタッフにお願いしました。

お掃除を通じて、いつも学びを頂いてます。

ありがとうございます、いつまでもお元気で

▪️エアコンクリーニング 福岡

母親の愛

朝一番、出社したら電話が入る。

話を伺うと、何か困ってあるようなお掃除の依頼でした。

とにかく、見積もり時間を約束して、前原まですぐ飛んで行きました。

とても優しそうなお母様が出て来られ、息子のために、四国の松山から

片づけに来られたようです。

転勤になり、母親に引っ越しの準備を頼んだようで、

来られて部屋の状態があまりにも酷く、

一人ではどうしようもないと思ったみたいです。

たまたま、電話帳があり、掃除会社の当社に電話されたのです。

私もその現場を見てびっくりしました。

息子さんも急な転勤であったようですが、

この状態で母親に任せて転勤して行くなんて親不幸な息子です・・・

3日後に持ち主に返さないといけないらしく、

お母さん一人で片付けるのは無理・・・

断るのは可愛いそうと思い、引き受けました。

しかし、仕事の予定はいっぱい入っておりどうしようかと・・・

どうにか女性スタッフを確保して、自分も一緒に片づけに入りました。

半日で、引っ越しの準備ができ、

部屋の中は何とか片付きました。

そして、後日、退去清掃に入りキレイになりひと安心。

無事に引っ越しにも間に合い、持ち主にも返されました。

息子さんは独身で30歳後半、

お母さんは70歳とおっしゃっていました。

この年齢になっても、子供は子供なのです。

私も母がしてくれることを、当たり前と思っていましたが

今回の件で、親の思う気持ちを大事にしなくてはいけないと

改めて思う出来事でした。

懺悔の生活

一燈園・・西田天香

人間は生きるために食べ、

食うには働かねばならないといいます。

そこには人間は生きることが目的であり、

食べることを目的として働くのが人間であり、

人間観、人生観があります。

ところがそれを180度転換させて、

この生命は授かりものであり、

生きようとしなくても生かされており、

生かされているから感謝して働かせてもらうのだ、

そのために必要な食は求めなくても与えられるのだ、

という生き方をしたのが天香さんであります。

そして、その生き方、

人間観、人生観に立っているのが、

一燈園生活なのです。

 

『六万行願』

お便所掃除の奉仕を約一世紀にわたって続けることにより、

懺悔と下坐からの建て直しを祈っています。

願行に深浅の差はありましょうが、

老若すべてが懺悔報恩の心を持って捧げた働きをし、

それぞれの能力に応じて働き、

必要に応じて恵まれる自然にかなった

生活の成就を念願しているのです。

 

「無一文精神」

自然にかなった生活をすれば,

一物を所有せず,

働きを金銭に換えなくても,

許されて生きられるとする。

 

「懺悔の生活」の本を読みました。

その中に、

西田天香の思想が書いてありました。

それは、お金を儲けようよと言う心では

商売や生活をしていく中で罪の心を作る、

そこの中に『六万行願』と「無一文精神」

この2つことが心にのこりました。

「六万行願」・・・托鉢(お便所掃除)

「無一文精神」

求めなくて与えていれば、生活はできるとのことです。

お金とか欲は、自分のわがままが作り罪なのです。

そのためにも仕事して行う中で、この思想は大事

特に経営は、欲と驕りで自分を失い

会社を壊してしまうからです。

▪エアコンクリーニング 福岡

ミッションを掲げているか?

会社をつくる時に最初にしないといけないこと。

それは「ミッション」を掲げること。

ミッションは、使命。

あなたの会社が社会から何を担おうとしているのか?

どのように社会と関わっていこうとしているのか?

「社会における、あなたの会社の役割」

それを宣言するものだ。

仕事とは、任されごと。

誰かから「あなたに任せるよ」と信頼されて任されること。

だから、何を任せてもらいたいのか?

何を任せてもらって社会に貢献したいのか?

真剣に考えないといけない。

ミッションは、あなたの会社の存在意義そのもの。

あなたの会社が社会に存在する理由。

まずは、それを明確にして、

社会に、より良く関わり、

より良い影響を与える存在になろう。

▪️エアコンクリーニング 福岡

税理士さんにお礼の挨拶

会社を設立した21年前からお世話なっていた

税理士さんが、高齢の為に廃業されることになり

今回が最後の決算手続きで来られました。

出会いの経緯は、

糸島の整形外科を清掃させて頂いていた時、

そこの事務長さんの紹介でした。

この税理士さんは、

福岡税務所の所長をしてあり、ちょうど定年され

今の税務署を開設されたとこでした.

所長をしてあり、

紹介もあってお願いすることにしました。

あれから21年、先生も83歳になられ、

体調もあまり良くないようで、

本当に長い間お世話になり、

ありがとうございました。

老後は健康でゆっくりすごして下さい。

クリーン彩花は、

今後も息子に継承して大きくなっていきます。

ほんとうに永い間お世話になりました。

▪️エアコンクリーニング 福岡

小さな職場体験

孫(知彗5歳)が、毎週日曜日に

糸島の実家、我が家に来ています。

その孫が、近くにあるカフェ

「糸島ピクニックビレッジ」

でお手伝いしたいと言い始めました。

いきさつは、最初、そこの広場で、

自転車・滑り台などで遊んでいました。

その時、キャンピングカーでお店をしている

女性オーナーさんに、可愛いがられるようになり

お手伝いの約束をしたようです。

今日は昼から来て、すぐお店に飛んで行きました。

あまり帰ってこないので心配になり

お店にいったらエプロンまで作って頂いて

手伝ってました。

まだ、「いらしゃいませ~」の声は小さいみたいですが

嬉しそうにしてました。

さすが、私の孫だなと思い嬉しくなりました。

今日は、5歳の小さな職場体験の1日でした。

▪️エアコンクリーニング 福岡

クレームで関係は深まる

20年間、毎月お掃除に入らせて頂いている

クリニックがあります。

本日、スタッフが忙しいために現場に入りました。

院長に「お世話になってます」の挨拶をすると、

開口一番、

「社長大丈夫ですか」の心配のお言葉を頂く(笑)

久しぶりに入って院長先生のお顔を見てお話すると、

色々な思い出が浮かんできます。

20年前の契約した時の思い出や、開業の時、

コンサルタントの人とのやりとりなどが鮮明に蘇りました。

20年間お付合いしていたら、いろんなことがあります。

特にこのクリニックとはアクシデントがあり、

クレームも良く覚えています。

それなのに今もこのようにお付合いさせて

頂けているのは、クレームはお客様関係を深める

チャンスなのかもしれません。

だからこそ、クレーム対応が大事になってくるのです。

失敗から逃げたら、変な関係になって縁が切れてしまいます。

そして、自分の心もいつも逃げる癖がついて成長が止まります。

クレームは、ビタミンと言われるように、

誠意を持って対応すれば、このように繋がって行くのが分かります。

まあ、あまり、クレームはないに越したことはありませんが・・・

▪エアコンクリーニング 福岡

新しいチャレンジ

公共の場で、カーペットの清掃が出来ないため、

1枚1枚剥がして、

毎月100枚のじゅうたんが会社に送られてきます。

最初は、どのようにして洗うか、色々と考えてやったのですが

中々キレイにならずクレームが続きました。

色々と思案した結果、今の方法で仕上げたら、

上手く行き大丈夫でした。

その作業工程は、

大きな容器に特殊の洗剤を濃いめに入れて、

2日間つけおきして、高圧洗浄機で洗い、

じゅうたん洗浄機で汚水を吸いとり

外に干して乾燥させると夕方には乾くという工程です。

天気に左右されるので、気候が問題にはなりますが・・・

この方法を行ったら、シミも汚れも取れてキレイになります。

お客様も安心され、やっと信用を得たようです。

初めての仕事で、勉強になりました。

今後も新しいことにチャレンジしていきたいです、

▪エアコンクリーニング 福岡