チームで仕事をする喜び

組織って言うと、
ネジになって動けなくなっていく気がする。

だから、組織はつくらない。

その代わり、チームをつくる。

チームって言うと、
一人一人が輝いていく気がする。

そして、
仕事は思い切って任せていく。

仕事を任せてもらえることほど、嬉しいことはない。
それは、自分も経験してきたこと。

もちろん、プレッシャーもあるだろうけど、
その先には、大きな喜びが待ってる。

そうやって、仕事の喜びを知ったメンバーは、
ほんとうにカッコイイ。

そういうメンバーと一緒に仕事をすること、
何か一つのことを一生懸命つくり上げていくこと、
一緒に、大失敗すること、
一緒に、お客さんに「ありがとう」って言われること、

それ以上に楽しいことなんか、
あるはずがない。

そして、
チームと組織の違いは、
「自分の呼び方」に出ると思う。

チームのみんなは、
「私たち」という。

組織の一員は、
「私」という。

「私」のために仕事をするのか、
「私たち」のために仕事をするのか。

言葉では、ほんのちょっとの違い。
でも、その差は、とても大きい。

「私」が何人集まっても、
「私たち」にはならない。

「小舟の集団」と、
「大きな船」は違うんだ。

小舟は小回りもきくし、
「ちょっとそこまで」だったら、
こっちの方がいい。

でも、遠くに行きたいなら、
大きな船が必要だ。

それなら僕は、チームで仕事をしたい。

一人じゃたどり着けない景色を、
僕は見たいんだ。

▪️ハウスクリーニング 福岡

エレベターピッチ

この「エレベーターピッチ」というのは
あなたやあなたの商品、サービスのプレゼンを
30秒に凝縮して行うもの。

語源は
「忙しい相手と一緒にエレベーターに乗った時に
自分のビジネスプランを短い時間で伝え、
興味をもってもらうようにする」
ということです。

人は第一印象でその人と付き合うかどうかを
判断している、と言われていますので

良い第一印象を相手に持ってもらうためには
良い自己紹介、つまり
良いエレベーターピッチが必要なのです。

さて、
実際にエレベーターピッチを作成する際は…

1、結論を先に言う
2、あなたがもたらせるメリットを伝える
3、相手にしてほしいことを伝える
4、わかりやすい言葉、表現を用いる

上記の4つを意識しながら、
30秒で伝えられるプレゼンテーションを
作成しましょう。

エレベーターピッチを披露するチャンスは
本当に突然やってきます。

その時に効果的に使えるように、
エレベーターピッチをしっかり
練習しておいてくださいね!

そうそう、
伝えたいことを短時間で話すために、
エレベーターピッチを作成する作業は
文章を削っていく作業になります。

プレゼンテーションを削っていく中で
あなたの本当の強みや魅力に気がつく、
そんな副産物があることも。

ぜひあなたもあなたのエレベーターピッチを
作成してみましょう!

▪️ハウスクリーニング 福岡

山登りからの学び

孫がきたので、地元の立石山に登る。

高さは209、6メートルでそんなに高くないが
4歳の子にしては大変な挑戦です。

この山は、
西南、目をやれば姫島がその先は唐津、
そして、そこより右に目をやれば玄海灘
烏帽子灯台、その先は「壱岐」が見れる、
東方面は可也山の先に福岡タワー・ドームの福岡市内が 
南方面は背振山系の井原山・大山・トンボ山が
見えいる最高の景色が良い山です。

最近、色々なマスコミの紹介で登山者が増え
今日も行きすがりの挨拶が飛びまくる。

そして、
行きすがりの人から小さいのに頑張って
といるねと言われるのが嬉しかったようです。

その頑張り対してチョコレートやビスケット頂き、
僕が頑張ったから頂いたのと・・・喜んでいました。

この山の登りの体験で何かを学んだようです。

▪️ハウスクリーニング 福岡

母性のリーダーシップ

人が育つには、母性と父性が必要。

それは会社でも同じ。

だから、会社のリーダーシップにも、
母性と父性の両方が必要。

母性は、安心。

父性は、厳しさ。

両方がないと、人は育たない。

父性は、分かりやすい。

これまでの経営でも、使われてきた。

でも、これからの経営で大切なのは、母性のほう。

人は、安心があってこそ、挑戦できる。

自立したチームには、必ず、大きな母性がある。

だから社長は、母親じゃないといけない。

そして、
いつも守られ、信頼され、帰る場所がある。

だから、自分も
仕事でチャレンジし続けることが出来たのだと思います。

母性を感じ、何かに守られている安心感があると
自然と「感謝」の気持ちに満たされます。

感謝の気持ちがあれば、
他人に何かもっと役立つことを与えたくなります。

きっと会社でのファン顧客づくりに欠かせない
社内の要素は「母性」なのだと思います。

▪️ハウスクリーニング 福岡

手書きのメッセージ

社内での連絡や都引先のやりとりは、
メールで行われることが多くなりました。

正確さや迅速さが何より重要視される昨今です。

しかし、我社は、普段お世話になっている人への暑中見舞いや年賀状などの挨拶に、
必ず一言を書き添えてハガキを出すように心がけています。

請求書なども新規のお客さまには、手書きの一言を添えるようにしています。

そうすることで温かみが生まれ、意思疎通が出来るのではないかと思います。 

時間と労力はとりますが、印刷された文字だけを見ても、
書いてある以上のことは相手に伝わりません。

その人の字がたとえ一文でもあれば、手間をかけた分、
相手の印象が変わるかもしれません。 

「おつかれさま」「ありがとうございます」
などの言葉が添えられているだけで、読み手の心は開かれます。

デジタル化がどれだけ進んでも、労を厭わず、
手書きで思いを伝えようとすることが大切でしょう。

そうすれば新たな感動があるはずです。

▪️ハウスクリーニング 福岡

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「変化」から目を背けていないか?

私たちは「変化の時代」に生きている。

そして、変化の時代に大切なのは、
強いことでも、大きいことでも、優秀なことでもない。
大切なのは「適応する」ことだ。

だから、私たちが最も身につけるべき力は「適応力」だ。

そんな適応力を磨くために、まず必要なのは、
「変化を愛する」ということ。

変化を嫌っていたら、変化には適応できない。

変化を、恐れていないか?
変化を、異常だと認識していないか?

変化こそが、常態。
変化こそが、新しく挑戦する者にチャンスを与えてくれる。

変化を愛し、変化を受け入れよう。

▪️ハウスクリーニング 福岡

お客さんに告白しよう

目の前の人を笑顔にできたら
誰でも嬉しい気持ちになる。

ビジネスでも同じこと。

お客さんはただ物を買っているだけではなく、
その時の感情も買ってくれている。

それは時に、
他の商品より安かったからだったり、
営業マンの人柄が好きだったからだったり、
いろんな感情がある。

それをただ感じてもらうだけではなく、
自分は何をしたら
お客さんは喜んでくれるのだろうかと
沢山考えて、行動しよう。

▪️ハウスクリーング 福岡

地域に根ざす経営

500所帯ぐらいある団地にチラシを定期的に
配布しています。

月に2回くらいですかね・・・

初めて配布する場所に比べるとやはり効果が
出ています。

本日、見積もり依頼が来て訪問したお客様も
この場所のチラシからです。

今まで、某お掃除会社に2回位お願いしていたが、
いつもチラシが入っているので電話したとのことでした。

チラシを何回も見ているうちに電話をかけて
みようという気になられたみたいです。

チラシには、スタッフメンバーの写真が入っているので、
知らず知らずに親しみが出てくるのかもしれません。

このことは、自店のお客様訪問と同じことでは・・・。

今後も、
このようにチラシ配布・訪問を繰り返すことで
信頼される地域に根ざす経営を目指して行きます。

まさにこれこそが中小企業が生き残れる鍵ではないかと思います。

ハウスクリーニング 福岡


u

お客さんは大切な親友

営業が嫌いだった。

でも、お客さんは大好きだった。

だから、
売る側と買う側、どういう関係性がいいのか?
分からなくなった。

お客様は神様で本当にいいんだろうか?
それとも自分が殿様になったほうがいいんだろうか?

ずいぶん悩んだ。

世の中の常識と自分の感覚は、ずいぶん違う。
だから、すごく迷った。

自分の感覚のほうを信じるのは、勇気がいる。

それでも、自分の感覚を信じて、
「お客さんは大切な親友」だって思って、
仕事をしていたら、

なぜか、とつぜん、すべてがうまく流れ始めた。

営業も大好きになった。

大好きな人と、わざわざ戦う必要なんてない。
大好きな人を、神様にする必要なんてない。

お客さんは、
仕事を通して、一緒に人生を生きている、
人生を共有している、

大切な友達なんだ。

▪️ハウスクリーニング 福岡

マナーの悪さ

朝、交通安全で横断歩道に毎日立っているのですが、

通学する小学生が、「持田さん、

家からここまで歩いてくる間に、

犬のウンコが17箇所あったよ」と、

家からここまでどれくらいの距離があるか聞くと

300メートル位かな?と言いました。

これを聞き、

犬を飼っている人のマナーの悪さにウンザリです。

小学生の通路とわかっているのに・・・

犬を飼うならマナーを守って下さい。

子供達が、「持田さんどうかしてくれないか」と

相談してきますが・・・。

まず、彩花の事務所の前の駐車場の所に

いつもしているので「禁止の張り紙」を

貼ることにしました。

これで、飼い主のマナーが、

変わるかなと思っています。

▪️ハウスクリーニング 福岡