人の成長は仕事にある

人の成長は、仕事とともにあります。

趣味や娯楽が成長を促すことがほとんどなののは、

なぜでしょう。

それは趣味や娯楽のほとんどが自己完結する世界だからです。

仕事は、ほとんど自己完結することがありません。

顧客が価値を見出してくれないければ、

何の成果にもなりません。

成果を生み出すには、組織の内部で貢献というバトンを

うまくリレーしなければなりません。

仕事のリレーの途中には、

他人からの評価という大きなハードルがあります。

ある基準をクリアしないと生き残れない。

その厳しい環境を生き抜くには、日々の鍛錬の、

自己開発が欠かせません。

「艱難辛苦が玉を磨く」といいますが、困難に立ち向かい、

一つひとつ壁を乗り越えた時に初めて見える世界があります。

仕事は、自分自信を成長させる最適な道具なのです。

チームで仕事をする喜び

組織って言うと、

ネジになって動けなくなっていく気がする。

だから、組織はつくらない。

その代わり、チームをつくる。

チームって言うと、
一人一人が輝いていく気がする。

そして、
仕事は思い切って任せていく。

仕事を任せてもらえることほど、嬉しいことはない。
それは、自分も経験してきたこと。

もちろん、プレッシャーもあるだろうけど、
その先には、大きな喜びが待ってる。

そうやって、仕事の喜びを知ったメンバーは、
ほんとうにカッコイイ。

そういうメンバーと一緒に仕事をすること、
何か一つのことを一生懸命つくり上げていくこと、
一緒に、大失敗すること、
一緒に、お客さんに「ありがとう」って言われること、

それ以上に楽しいことなんか、
あるはずがない。

▪️ハウスクリーニング 福岡

仕事の動機ずけ

仕事の動機づけは、
仕事そのものの満足から得る必要が
あるということです。

なぜならボランティアは報酬を手にしていないのに
関わらず、懸命に働くのか。

優秀な人材をとどめておく秘訣が
そこのに隠れています。

仕事が挑戦的であり、
自己実現のの手段となっていること。

そんな仕事環境がより高い
動機ずけと成果を生みます。

これは単なるやる気の問題ではなく。

組織の盛哀に緒結した課題です。

▪️ハウsクリーニング 福岡

経営の成功とは?

成功とは、幸せになること。

経営は、人が、人のためにやっている、人の活動。
だから、経営に関わる人が幸せにならなければいけない。

儲けることも、大きくなることも、有名になることも、
経営にとっては大切なことだが、それらは手段でしかない。

しかし、多くの経営者は「目的」と「手段」の境界線が、
分からなくなっていく。

そして、いつの間にか、
手段が目的になっていく。

人や幸せが経営の中心課題から離れていく・・・。

いくら手段を得ても、
あなたと会社に関わる人が幸せになっていなければ、
会社を経営している意味がない。

経営の目的を見失っていないか?
手段が目的になっていないか?

深く、考えてみよう。

▪️ハウスクリーニング 福岡

「人」を知る努力をしているか?

経営は、人が、人のために行う、人の活動。

だから人のことを、
深く理解している人が成功する。

しかし、多くの経営者は、
経営の表面的な部分だけを追いかけて、

「うまくいかない」と悩んでいる。

そして、失敗してしまう。

人のことを、深く知ろうとしているか?
人のことを、知る努力をしているか?

「人」に深い愛情を持ち、
「人」に強い関心を持ち、

理解しようと努め続ける者だけが、
ビジネスで成功し続ける。

▪️ハウスクリーニング 福岡

秋到来

朝、交通安全で横断歩道に立っています。

そんな時、近所の方から

「いつも立って頂きおつかれさま」と、

心のこもった言葉と一緒に家の前になっている

<富裕柿>を頂きました。

朝晩が、涼しくなってきて秋を感じる季節になり

もう柿の味覚を味わえる時期になったんだと思いました。

あんなに暑い夏だったから、

秋が来るかなと心配していたら

ちゃんと秋がきたことを柿を頂き感じました。

日本は、春夏秋冬があって、

そして「おもてなしの心」がある。横断歩道に、

毎日立っている・・・それを見て、いつも有り難うという

心からの気持ちを頂く。

まさに日本人の素晴しさではないかと思います。

これからも仕事を通じてこの心を伝えていきたいものです。

柿は、昔懐かしい味で、とても美味しかったです。

・・・・ありがとうございました。

▪️ハウスクリーニング 福岡

スマホ水没

サンセットライブで芥屋の浜の池の駐車場管理を2日間しました。

初日は最悪で大雨・・・途中で、雨に濡れたので、

家にお風呂入りに帰りました。

孫と一緒に風呂に入り、

孫がシャワーで水をかけてズボンが濡れたので、

妻が、すぐ洗濯機に入れて洗濯してくれました。

そこまでは良かったのですが、

そのズボンにスマホを入れていたのです。

水没したスマホを洗濯機から出して、

ドライヤーをかけて乾かしたり

いろいろ試みましたが、復帰しませんでした。

それからが大変、バックアップをとってなかったので

データが消えてしまったのです。

ただ、幸いだったことは、パソコンのマックに

1年前の電話番号が残っていたことです。

この事件で、この世の中、

電子機器のお世話になっているのだなとつくづく思う

出来事でした。

結局、スマホを、買う羽目になってしまいました(泣)

▪️ハウスクリーニング 福岡

 

「社会貢献」を真剣に考えているか

自分だけが良くなってやろう。

そういう、やり方や生き方は、
一見、強そうに見えても、どこかに弱さがある。

確かに、エゴはエネルギーになり得る。
恐怖や欲望に根差した動機は、強い。

しかし、エゴのエネルギーで突っ走り続けると、
長期的には壁にぶち当たったり、ガス欠してしまったりする。

そうなってしまう理由は、二つ。

一つは、人は社会という人との関わりの中で生きていて、
ビジネスでも、その「関わり」が大切な鍵の一つだから。

もう一つは、人には元々、
「他者に想いを馳せる力」があるから。

人のために、社会のために、
そうやって頑張ろうと思えば、
そうやって他者に貢献している自分を思えば、
不思議と力が湧いてくる。

そして、真剣にそう思い、
覚悟して行動を積み重ねている人には、

いつも「神風」が吹いている。

▪️ハウスクリーニング 福岡

あなたの普段を支えてくれている人に、感謝しているか?

経営は、人が、人のためにやっている、人の活動。

だから、長期的には、

人を大切にしている人が成功し続ける。

ちょっとした成功や意地、間違ったプライドで、

周囲の人を「ないがしろ」にしていないか?

あなたの「普段」を支えてくれている人たちを、

低く見ていないか?

水や空気と同じように、

大切なものは当たり前になっていく。

しかし、それを軽く扱う者は、

どこかで、その重さを思い知る。

周囲の人を大切にすること。

それは、

何かを成し遂げようと旗を掲げたリーダーが、

決して、忘れてはいけないこと。

周囲の人たちがいるから、

自分があることを、忘れてはいけない。

そのためには、感謝すること。

「感謝できる能力」を身につけること。

だから今日は、身近な人にこそ、

一言、「ありがとう」って言ってみよう。

▪️ハウスクリーニング 福岡

1000台目標達成

彩花の夏は、エアコンキャンペーンで

目標1000台クリアーできて1030台、

スタッフの成長をひしひし感じました。

一致団結して目標に向かって頑張っている姿は、

お互いに発展して助け合える関係を作っていると思います。

この繋がりを大切にこれからも発展していきます。

▪️ハウスクリーニング 福岡