リーダー3

まずは性善説を持つこと、両親の影響も大きかもしれませんが、

「人を信頼する」「人に騙されても人を騙すな」

「お天道さま見ている」など小さい頃から伝え聞いている

教えを実践する人間的な温かさが必衰です。

2つ目目はやっぱり夢です。

組織の長が、いかにその仕事の夢を熱く語られるか。

5年後、10年後の未来を語っていると、

若い人はついてきてくれます。

3つ目は現地現場。

現地に行って現場の人の話を聞いて、

細かい数字までちゃんと把握すること。

「目で見るな。足で見ろ」との教えがあるほど、

現場に足を運ぶことが重要です。

現場では「1+1=2」であっても、

組織のトップに辿り着くまでにに様々な人を仲介することで、

事実関係ががすり替わったり、張されたりして、

「Ⅰ+1」は「百」になります。

それで慌てて現場に確認してみたら大したことではなかった、

なんてこともあるので、可能な限り現場に足を運ぶことです。

そういうことで会社とは、世の中に必要なモノやサービスを提供し、

多くの人に喜んでもらいながら利益を上げる場であり、

仕事を通じて従業員が人間的成長を遂げる場であります。

そして会社活動で得た利益で税金を払う。

この税金で社会や国を支えていく。

本当に素晴らしく誇りあることです。

会社ほど一石二鳥、三鳥になる仕組みはないのではないか


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください