感謝こそすべての源

つくづく最近、自分は本当に恵まれていると感じます。

39歳で独立後、いろいろな人と出逢い、

スタッフ、お客様に支えられ、そして運に支えられ、

この仕事がここまでになったように思います。

ありがたいことです・・・感謝

しかし、運があっても、それを掴める人とそうでない人がいるのです。

その差はどんなところにあるかというと、

運が悪い人っていないのです。

少し宗教的かもしれませんが、これも“感謝”の心から来るのです。

感謝力が薄いから「自分は運が悪い」と思ってしまう。

人にはそれぞれ違った役割が与えられていて、

子供を一所懸命育てるのがお役目の人もいれば、

企業の社長を務めるのが適任の人もいる。

もちろん、生まれ育ちや環境なども影響すると思いますが、

環境に恵まれなかったから運が悪いのではなく

まず自分に与えられた役目に感謝する。

そうするとよい連鎖が訪れるのだと思います。

・・・受け止め方の問題だと・・・

感謝の源は、愛だと思います。

出逢った人や物など、すべてに対する恩返しの気持ち、

それが愛に繋がると思います。

昔は「感謝」や「愛」だなんていわれてもいまいちピン

と来ませんでしたが、

これまで多くの経験を積む過程で、その言葉の重みを理解できるようになりました。

これからも、この感謝の気持ちを持ち続けて経営を続けていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください