顔をあげよ

第一に、成果を上げるには、進むべき道を見捉えなければなりません。

これを組織のミッションといいます。

ミッションは追求し続けるものです。

第二に、目を向けるのがビジョンです。

ビジョンとは期限つきの到達点であり、

そのイメージを鮮明化させればさせるほど、

たどり着く可能性に分割することができます。

ただし、ミッション、ビジョン、目標はすべて組織の言語であり、

そのままでは顧客に伝わりません。

顧客の言語に置き換えなければなりません。

そのためにには、顧客の立場でもの見たり、

考えたりできるようになる必要があります。

これは、組織の中についても同じです。

ミッション、ビジョン、目標の何を見ているか、

どのくらい理解しているかは、人によって異なります。

上司や部下、同僚の目線は、どうでしょうか。

自分の目線で見えるものについても、曖昧なままにしておかず、

「貢献の形とは」「貢献のタイミングとは」「具体的な貢献方法は」

といった具合に、常に具体化しましょう。

日常の忙しいさの中では、つい、目線を手元に行きがちです。

顔を上げ、まわりの仲間に問い、窓を開け、外にいる顧客に問いかける。

そんな行動が、真の成果と貢献を思い出させてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください