「花の2区」

大学の箱根駅伝で、レースを作るのは2区が大事と言われ

花の2区と呼ばれています。

仕事も同じ事で、新規でお客様を作り2番手がどのくらい

関係作りが出来るかで今後の繋がりに差がでるのです。

最初の出会いは情報に過ぎません。

それをどう加工するかで味が変わって来て

お客様との関係に差が出てくると言うことです。

ただ目の前の仕事をしているだけでは何も生まれません

これから先に目をやらないといけないのです

今、エアコンキャンペーンの電話でのお知らせや

お客様訪問は明日に向ける仕事なのです。

現場に沢山のチャンスがあります。

それに気づくことがお客様との関係が深まっていくカギなのです。

笑顔で明るく作業していたらその場は創り出すチャンスが広がって行きます。

このことに気づけば仕事でのチャンスもさらに深まって行くのです。

「花の2区」を目指し力を発揮して行きましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください