「ミつの鏡」

1つ目の鏡は、長い人生を歩む上で、

どのような目標を掲げて、夢を描くか。

ある程度先を見通せいる「望遠鏡」を持つこと。

2つ目の鏡は、その目標、夢の実現するために、

3年後10年後に具体的にどのゆうなつけるか。

その計画を立てるために「双眼鏡」を持つこと。

3つ目の鏡は、そうした計画を可能にするために、

今何をするか、足元をしっかり見つめ、

自分の掘り下げる「顕微鏡」を持つこと。

この「3つの鏡」を思いおこしては、

自分の生き方を修正していくのです。

人は往々にして(その時その時さえうまくいけばよい)と、

安易な方向に流されがちです。

まずは、

人としての立ち位置をしっかりさだめましょう。

夢を描き、その夢の実現に向かって、

今やるべきことに取り組みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください