日本経済の父

「渋沢栄一」

「ワンマン経営には限界があり、

運河を建設するような大事業はできない。

事業は社員の意欲を駆り立てて、

いろいろな人の力を発揮してもらわなければうまくいかない」

生産性とは、費やした労力と得られた成果の比率のことである。

事業の成長とは、費やした労力よりも得られた成果が

大きくなって進行形のことだ。

一方、人間は機械のように働けない。

意欲があるからこそ優れた仕事が生まれ、

良い結果をもたらす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください