「自分の周りの人は先生」

自社のお客様で、20年以上お付き合いさせていている

歯科医院があります。

彩花新聞でも何回か紹介したお客様です。

新聞も全部保管してファイルに閉じて頂いています。

時々、○○号の新聞を頂いてないので、こちらを通る時で

いいから届けてくれませんかと電話を頂いたりします。

こんなつたない新聞を嬉しいことです。

たまたま、私が掃除に入った時に新聞のことを話すと

「いっぱいの学びがあって楽しみにしています」と

言われたことが脳裏に残っています。

先日、スタッフが掃除に入ってこんな言葉を頂いてきました。

「自分の周りにいる人はみんな先生という気持ちで対応する」

と、話されたこと。

こういう考えを持っていらっしゃるから、先生の雰囲気が驕りのない

姿勢を感じるのだと気づきました。

人間は、普通、自分中心に物事を考える動物で人の話を聞こうとしない

傾向にあります。

先生のこの言葉はとても心に残り勉強になりました。

ついつい、驕りやのぼせが、知らぬ間に出ているかもしれません。

この言葉を心に残して大事にして行きたいと思いました。

<ありがとうございます>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください