目標はチームを導く羅針盤

組織全体とチームと個人、すべてのベクトルがそろい、

一丸となるには、目標が不可欠です。

目標を立てることで、

次のの5つが可能となります。

・事業の全貌の把握

・とるべき行動の明示

・個々の活動チェック

・意思決定の評価

・現場での活動の評価と成果の向上

マネジャーにとって特に大切なのは、

「とるべき行動の明示」と

「現場での活動の評価と成果の向上」の二つです。

「とるべく行動の明示」とは

行動の方向性と内容を明らかにすること、

さらに、到着点や達成日時を具体的にすることです。

「現場での活動の評価と成果の向上」とは、

メンバー個人目標が、

組織やチームの目標と合っているかを問うものです。

両者に齟齬がなければ、

一人ひとりの活動がチームの成果に自図と

つつながってくるはずです。

きちんと設定された目標は、

チームを成果に導く羅針盤となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください