喜びの種まき小冊子

彩花新聞を発行して、11年間が経ち、毎月書き続けて139号になりました。

最初は、何を書いてよいかわからないまま、とにかく書き続けました。 毎月、お客様を訪問して気付いた事・スタッフの気づきなど、 箇条書きにして文になるようにつないでいきました。 それを続けるうちにお客様との関係が深まって行き、この新聞を毎月 待って頂いているお客様が増えてきました。中には、この新聞を全部保存してあるお客様や、ある歯科医院では、待合室に ファイルして本棚に置いて頂いているお客様もあります。

そういうお客様から創刊号「小冊子」を出したらとの案を頂いたので、今回「喜びの種蒔き」小冊子を作ることにしました。 冊子のテーマは 「感謝の気持ちを込めてクリーン彩花がお届けする喜びが芽生えるお話です」これからも新聞は勿論、小冊子も1年1回まとめの創刊号を発行して行きたいと思っています。 引き続きよろしくお願い致します。

そういうお客様から創刊号「小冊子」を出したらとの案を頂いたので、今回「喜びの種蒔き」小冊子を作ることにしました。 冊子のテーマは 「感謝の気持ちを込めてクリーン彩花がお届けする喜びが芽生えるお話です」これからも新聞は勿論、小冊子も1年1回まとめの創刊号を発行して行きたいと思っています。 引き続きよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください