「望遠鏡」と「顕微鏡」を持っているか?

「望遠鏡」しかない時、
経営は、足元から少しずつ、崩れていく。

「顕微鏡」しかない時、
経営は、ある日突然、吹き飛ばされる。

望遠鏡か顕微鏡の、どちらか一つしか持っていない・・・
そういう経営者がほとんどだ。

だから、成功し続けることが難しくなる。

遠くだけを見る者は「近く」に足をすくわれる。
近くだけを見る者は「遠く」に叩き潰される。

簡単なことではないが、経営者には両方の視点がないといけない。
遠くだけを見つめて、足元を見失っていないか?
足元ばかりを見て、遠くの危機を見過ごしていないか?
チェックしてみよう。

<虫の目>で足元を見て、
<鳥の目>で遠くを見つめる。

成功し続ける経営者は、
虫の目と鳥の目の二つの目を持っている。

そして、木も見て、森も見る。

▪️ハウスクリーニング 福岡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください