名札は大事な勲章

私の名前は「持田千年」です。

「凄い名前ですね」とよく言われてきました。

60歳過ぎて言われるのには慣れましたが、

若い頃、学生時代「センネンさんやチンネンさん」と

あだ名で良く言われていました。

そんな風に言われても気にせず反対に

強い自分になったように思います。

学校を卒業して営業を始めたら名刺・名札を見て、

凄い珍しい名前に「センネンさんチンネンさん」と

言われて可愛がられました。

前の会社で、営業成績がグングン上がって行き、

全国で名前が知れわたるほどの営業マンになっていました。

この結果に、どんな名前でも、

胸を張って前に進めばチャンスを掴めると思いました。

いまではこのような名前をつけてくれた親に感謝です。

最近、どんな場所でも名札を付けているのを見受けます。

名札は、胸を張って自分を売り込み、

名前を覚えて頂く大事なツールです。

そして、名札は仕事する上で、

自分をつくる大事な勲章なのです。

▪️ハウスクリーニング福岡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください