彩花新聞の威力

彩花新聞を発行して11年で134号になります。

創業時から、

お付き合いさせて頂いている歯科医院があります。

院長とも同学年で仕事を通じて良き友となっています。

先月、彩花新聞を持って訪問した時に、

「持田さんこの彩花新聞を待合室に置いて患者さんに

読んで貰おうと思っているのですが」と言われるのです。

たいした新聞でもないのにと思いましたが・・・

そして、今月134号を渡すと、

院長が「ちょっと待ってて」と言われて待っていると

新聞を綴じた2冊のファイルを持ってこられました。

そして、「持田さん綴じているのですが、

無い号数があるのです。

お願いですが、無いページを揃えてくれないか」

と言うことで、会社に持って行き事務員さんに

お願いしました。

出来上がったので、

それを持って行くととても喜んでくれました。

なんとなく続けて書いた新聞を保存してくれていて、

その上、待合室に置いてくれるとは、

何と嬉しいことでしょう。

これからも頑張って続けて行かなくてはと思いました。

▪️ハウスクリーニング 福岡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください