一人のお客さんに対する依存度が、26%以上になっていないか?

「このお客さんとの関係は永遠に続く・・・」

そう錯覚した時から、
会社の凋落は始まっている。

お客さんは、永遠ではない。

それを前提に経営のすべてを考えている。
そういう経営者のいる会社だけが成功し続ける。

少数の顧客で成り立っているビジネスは、
上げには強いが下げには弱い。

中小企業やベンチャー企業が、
「突然、売上がなくなる」

というインパクトに耐えられるのは、
25%が限界。

それ以上の突然な売上の減少があれば、
事業を継続していくことは、かなり難しくなる。

一人のお客さんに対する依存度が、
26%以上になっていないか?

チェックして、お客さんの分散をしておこう。

▪️ハスクリーニング 福岡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください