地域にお役立ちの芽が・・・

新学期も始まり、1ヶ月が経ちました。

新一年生もだいぶ学校に慣れてきたようです。

ある一人の男の子をお母さんが引率して、

校門まで送っていて、そのお母さんが

「H子の母です、いつもお世話になっています」

と挨拶されました。

H子ちゃんは3年生で、私のことを家でいつも話していたようです。

「なかなか、弟は<甘えん坊>で学校になじまないのですよ」

と話してくれました。

お母さんに、「大丈夫、すぐ馴染みますから」と言うと

「宜しくお願いします」と・・・。

そのあとに、「家のレンジフードの掃除をお願いできますか」

と仕事の話をされたのにはびっくりしました。

地域のお役立ちから、何か芽が生まれていることを感じました。

▪エアコンクリーニング 福岡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.