商売のやり方が間違っている

妻が携帯電話の契約がきれたので、

機種変更・料金プランの件でショップにいったそうです。

知り合いが同じプランなのに金額が違うとのことを伝えたら、

その知り合いは他の会社から乗り換えでの契約だからそうです。

本人も他に乗り換えれば良いのに、

同じ会社だから安くなると思ったみたいです。

金額は変わらないと言われて、安くしたいなら、

自宅で使うインターネットの電話回線を契約したら、

安くなるということで契約したようです。

それと、「今入っているデータを新しい機種に移し変えて下さい」

と言うと個人情報に引っかかるので、

自分のパソコンでやって下さいと言われたようですが、

パソコンを持ってない妻は 私にやってくれと言ってきました。

< そんな馬鹿なことがあるかと妻を怒りました。>

パソコンを持たない人や年配の人と契約するときはデータを

移し変えるのに、忙しくて時間がなかったのか知りません。

しかし、他からの機種変更だったら2、3万円金券を

プレセントしたり金額を安くするサービスをやって

いるのに、他社に切り替えないお客には、

こんな対応をするとは

どうみてもおかしいやり方とつくづく思いました。

逆に、他社に移らないお客様を大事に割引きするのが、

普通の商売のやり方と思いますが、

この商売のやり方に激怒が収まりません。

▪ハウスクリーニング 福岡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です