彩花のリーダーシップ

人をやる気を引き出し、成果をあげさせるには、
その人に向き合い、

強み(得意なこと・得意なもの、その人の本質)
見出すことが大切であること、

SNSやメールなどによって、
コミュニケーションの効率化がますます進む中、
リーダーたる者がもっとも心掛けるべきことだと
言えるのではないでしょうか。

ITのさらなる発達などの新技術の登場によって、
情報・物量などのボーダーレス化が
ますます進んでいます。

ビジネスのあり方は、今後も大きく変わって
いくでしょう。

しかし、
そうした表面的な変化に対応することばかりに
目を向けていると、
仕事における普遍的な側面「人」の部分を
見落としてしまいがちです。

リーダーとして振る舞うことは、何も組織の
トップだけに求められることではありません。

自分ができることを通して、
組織にいい影響を与えようと心掛けることは、
メンバー全員に求められリーダーシップで
あると言えるでしょう。

人は結局、
置かれているポジションで強みを生かすことしか、
輝くことはできないのですから。

できないことにとらわれるのでなく、
できることを考える。

人に対しても、自分に対しても、
そういう意気込みでチャレンジを続けることが
大切なのだと思います。

リーダーシップとは、仕事にかかわらず、
ボランティア、家族、部活、
サークル活動など、あらゆる人の集まり(組織)
にとって役立つこと。

▪️ハウスクリーニング 福岡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です