会社に社検がない

車には「車検」がある。

だから危ない状態で走っている車は、少ない。

会社には「社検」がない。

だから危ない状態で走っている会社は、多い。

車と同じように、会社には、影響力がある。

人の役に立つためにつくられるが、人を傷つけてしまうことがある。

しかし、法律で会社の危機レベルを点検する仕組みはない。

だからこそ経営者は自ら厳しく自社を点検するべきだ。

失敗が多い時、伸び悩む時、なぜか分からないが
うまく行ってしまっている時、

【経営の12分野】をチェックしてみよう。

・「ミッション」(ミッションはあるか?明確か?
  伝わっているか?)

・「商品力」(商品価値はあるか?
  絶対価値と相対価値があるか?)

・「ポジショニング」(市場における位置が分かっているか?
  ユニークか?)

・「ブランド力」(会社とお客さんとの接点があるか?
  生涯価値が高いか?)

・「集客力」(知られる努力をしているか?
  自社の露出はあるか?)

・「見込客フォロー」(興味を持ってくれた方へ
  フォローはしているか?)

・「セールス」(専門的アドバイスで背中を押して
  あげているか?)

・「ファン化」(お客さんにファンはいるか?  
  お客さんのことを好きか?)

・「経理・財務」(どんぶり勘定になっていないか?)

・「チームづくり」(仕事観を共有しているか?
  チーム意識はあるか?)

・「仕組み化」(仕組み発想はあるか?
  仕組みをつくっているか?)

・「投資」(未来のための投資をしているか?
  自己投資をしているか?)
 
 この12分野をチェックしているだけで、
  経営は飛躍的に安定する。

▪️ハウスクリーニング 福岡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です