報酬前利益を意識しているか?

人は、道具ではない。

人は、手段ではない。

人は、目的。

だから、人件費を削減して利益を出そうとする行為は、おかしい。

それは、最後の手段であって、簡単に手を出すべき手段ではない。

失敗する多くの経営者は、この手段を簡単に使う。

しかし成功し続ける経営者の多くは、この手段を「禁じ手」だと考えている。

だから「報酬前利益」を死守しようとする。

【報酬前利益】=「売上」-「変動費」-「固定費(給与・役員報酬を除く)」※

これが会社の本当の利益である。そして、そこから「利益分配」をする。

利益分配の中で最も先に分配をしないといけないのは、社員の給与。

社員の給与は、その人の貢献度によって決めるべきだが、
経営者が意識しないといけないのは、その多さより安定性が大事だということだ。

「社員の給与を安定して出せなければ経営者ではない」
それくらいに考えて「報酬前利益」を死守しよう。

そして、そうやって歯を食いしばって頑張ることが、
経営者としての実力を飛躍的に高めていく。

※「報酬前利益」とは、通常の会計で表現される利益ではなく、
 社員・役員の報酬を除く、会社が価値を提供するために要した、
 すべての費用を売上から差し引いたもの。

▪️ハウスクリーニング 福岡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です