社長に残される、大切な仕事は?

タイタニック号は、不沈船と呼ばれた。

しかし、初航海であっさりと沈没した。

それは船の構造が悪かったワケでも、
乗務員が一生懸命に働かなかったワケでもない。

目の前に迫って来る、
氷山」を見過ごしただけだ。

社長に「残される」究極の仕事は、
氷山を発見し、それを回避するよう、舵を切ること。
または、もともと氷山があるような海に出るのではなく、
より安全な海へ船を進められるよう、舵を切ること。

そのためには未来を見つめないといけない。
社会を見つめないといけない。
そして、自社にとって最も良い「方向」を決めないといけない。

それは本来、片手間で出来るほど、
簡単な仕事ではない。

「未来を見つめ、舵を切る」

これが、社長に残される、最も大切な仕事。

▪️エアコンクリーニング 福岡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です