お客様から好かれ、気に入られ、忘れられないようにする

どんなによい商品をつくっても、

それを買っていただけるかどうかはお客さましだい。

どんなにお客さまのためにと思って営業・販売活動をしても、

買うかどうかはお客さましだい。

「買う」ということに関して、

決定権を持っているのは100%お客さまです。

さらに、どこから買うかという決定権も、

100%お客さまが持っています。

売る側には1%もなく、0%です。

こうして書いてみると当たり前のことなのですが、

実際に売る側に回りますと、これが急に見えなくなり、

自分中心、会社中心で考えてしまいがちです。

そういう人たちが「なかなか思うようにうれない」

と嘆いてます。

100%の決定権を持ったお客さまから、
他社よりも優先的に商品を買ってもらうようにするには、
・競争相手以上にお客さまから好かれ、
・競争相手以上にお客さまから気に入られ、
・競争相手以上にお客さまから忘れられない
ことです。

そのためには、競争相手以上に訪問し、

お客さま好かれる努力が必要となります。

お客さまは嫌いな会社から商品を買うことはありません。

ですから、

競争相手に勝つために営業活動のやり方や仕組みを見直し、

訪問回数を増やす必要があるのです。

▪️エアコンクリーニング 福岡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です