何事も必要・必然

過去は、すべて今に至るために起こり、
その今は、
未来を形成するための存在しているといっていいでしょう。
したがって、
すべてのことは起こるべくして起こったともいえます。
「世の中に生起することはすべて必然・必要」なのです。
一つの終わりは新しい一つの始まりのきっかけにしかすぎません。
このことはピンチはチャンスを含んでいます。
昨日の苦は明日の楽のためにある。
今の低迷は次なる発展の原因にすぎない。
非常時は平常時にいたるプロセスである。
「悪」も「善」の前提だから、
悪いことはやがて是正されるようにできるのです。
悪いように見えることも、
よくなるためのアプローチと考えていいでしょう。
現在、社会に満ちている不安やまいなす現象・・・
景気の低迷や産業の空洞化、デフレや賃下げ、失業の増大
いじめや教育の混乱なども短期的に悪く見え、
マイナスに作用しても、マクロな視点からは必要なことであり、
プラスに作用するはずだと思います。

▪️エアコンクリーニング 福岡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.