失敗することが大事

仕事が出来る人と出来ない人は、

「失敗を恐れない」ここにポイントがあるようです。

失敗したらいけないと考えて作業する人は、

どうしてもスピードが遅くなりチームやお客様に迷惑を

かけてしまいます。

失敗はいけないと、教育を受けてきた人がは、

とかくその動きになりがちです。

これが、学校の勉強と違うのが仕事なのです。

学校の勉強は、一つのことを自分一人で考えるので、頭に入り、

一つの事が出来るようになりますが、

他のことを考える能力は身につかないのです。

だから、社会に出て人との関わりの能力が身に付いてないので

悩むのです。

学校の勉強が出来る人が仕事が出来るかというとそうではないかが

よく分かります。

仕事とは、沢山の人との関わる能力が大事になってくるのです。

そのことを解決するためにも失敗することと、

そして沢山の人と関わることが必要なのです。

▪️ハウスクリーニング 福岡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です