メモの力

201406081530000000115

例えば読書によって心を打たれる言葉をするたびに、

手帳にメモする方法がある。

だが、単にメモすればいいというものではない。

書くという行為は「想像」としても強力なものであるから、

強い気持ちで書くようにつとめることが大切です。

これは書くという行為が、潜在意識へ強く働きかける効果を

利用したものである。

どんなに忙しい人でも、毎日二分間ぐらいは

メモ時間にさくことができるだろう。

毎回手帳に一、二行書いたとして一週間で1ページになる。

それを、一年間つづけていけば、手帳の一冊は信念や情熱、

忍耐力を強める言葉で埋まってしまう。

そしてこの手帳をいつもポケットに忍ばせ、合間を見ては、

心を込めて繰り返し目にしたり読んだりすれば、

必ずや徐々にその効果があらわれるはずです。

 

2016/07/24