私の人生

高校を卒業後、二つの会社を経験し、

その後、あの有名なダスキン加盟店に入社して16年間働きました。
この会社とのご縁があり私の人生が変わったのです。

たまたま、高校の先輩が課長でおられ(最後は九州支店長に)この方のおかげで、

営業力がみるみるうちに付き成長して行きました。

この方は、高校の後輩・糸島の人間ということで目をかけてもらい「モッチャン」と

声をかけて頂いたことで、自分が変わっていきました。

まさに、親・先生から褒められることと同じではないかと思います。

なぜか、成績と共に、短期間で自分が変わっているのが判るのです。

自分が営業に向いていたこともあったと思いますが・・・

それに気づかせて頂き声をかけて頂いたお陰と思います。

福岡地区・県・九州でナンバーワンになり、全国的にも「九州には持田がいる」

とまで言われるようになり、アメリカ・香港マカオ・オーストラリアなど招待で行かせて

もらいました・・・

又、人から人の噂のすごさには驚きました。

自分が自慢して言ったわけでもないのに、みるみるうちに、

知り合いとかお客様や同級生に営業の実績が広がってたのです。

営業もやりやすくなり、営業マンとして実績も挙げ、部下を20人持つようになりました。

しかし、今度は中間管理職の悩みが出てきて、

<営業と人を使うことは全然違う>ことの苦しみに陥りました。

そのことに悩み苦しんで、鬱(ウツ)になり・・・従業員をなぐり・・訴えられる寸前までに・・・

そのようなことが続き、まさか33歳の若さで癌に・・・

その当時「癌」は死を意味することでした。

今は、医学が進み、手術はもちろん・抗がん剤・放射線など治療ができるようになり

「癌」と病院から宣告を受けます。

しかし、その当時は一切、告知してくれません。

だいたい、家族や先生の顔をみればどんな状態かわかります。

手術から5年後、妻とか母親から、その当時の癌の状況を聞いて分かったことですが、

3年位前から出来ていた癌だそうでした。

だから、運良く私は助かったと言うわけです。

家族にも心配をかけました。この時、二人の子供がまだ小学生低学年でしたし、

死ぬかもしれない」と言う恐怖と「絶対に死ねない」と言う強い思いの中で、

人生観がすっかり変わりました。

・・・・・前編はここまで