先施

上杉鷹山上杉鷹山は、税政改革と殖産興業を図って、

米沢藩の藩政を立て直しました。

鷹山が生涯にわたり師と仰いだのは、

細川平洲という尾張生まれの儒教者です。

平洲は江戸に嚶鳴館(おうめいかん)という私塾を開きました。

また、米沢藩の藩校・興譲館(こうじょうかん)を鷹山と共に再興。

後に尾張藩にも使え、明倫堂の総裁として、

尾張藩九代藩主・徳川宗睦に重用されました。

平洲の教えの一つに、「先施の心」があります。

先施とは、先に施すという意味です。

相手が働きかけてくれるのを待つのでなく、

自分の方から先に働きかけて行くことが大切だ、という教えです。

挨拶なら、自分から進んで挨拶をする。

相手に親切を求めるより、まず自らが進んで親切を行う。

自分から先に相手を敬う。

どれも、自分の方に働きかけるより、相手の心を動かします。

良いことは人に先駆けて行いましょう。

人間関係をより円滑にするだけでなく、

自らの人間性をも高めることができるからです。

 

●ハウスクリーニング 福岡

2014/07/13