お客様が喜ぶビジョン作り

keya1地元の海水浴場が海開きをしています。

しかし、まだ、梅雨が明けてないし、

今日も雨が降っているのでお客様はいないと思ってました。

これが今までの海水浴場の常識です。

だから、長年してある海の家には、

雨が降っているのでお客様は入ってません。

ところが、2年前から、福岡で飲食店や不動産をやっている

経営者が海の家を始めているのですが、

本日、雨の中でも、お客様がいっぱいなのです。

建物が、雨が降ってても楽しまれる作りになっていて、

今までの海の家と全然違うのです。

ハワイとか、バリなどの海岸線をイメージしたような作りになっています。

だから、雨が降って、海で泳がなくても景色とロケーションで

海に来た楽しみを味わうことができるのです。

せっかく、海に行く予定をしていて雨が降ったら中止になり

子供は勿論、予定が崩れることは嫌なことです。

そこを、解消することが出来ればお客様にも喜ばれるのです。

ここが地元の人がやる、海の家のビジョンが違うようです。

彩花の仕事もこのことが大事になってくるのです。

新しい観点で「ビジョンを作る」ここに商売を続けられ、

生き残る道があるようです。

 

2014/07/06