挨拶は自分から

34740520_480x477挨拶は、コミュニケーションの第一歩です。

人と人の心の距離を縮め、より良い人間関係を生み出すことから、

挨拶は心を結ぶ金の鎖と言われます。

しかし、瞬間的に、日々何気なく交わしているだけに

つい形だけになって、本質が伴わないことがあります。

挨拶の本質とは何でしょう。

挨拶とは、自分から心をひらき、

相手を受け入れる姿勢を表明するものです、

「私はあなたに対して心をひらいていますよ」という

真心のこもった挨拶は、必ず相手の心に届きます。

また、「されたから応える」「好きな人にだけ挨拶をする」では、

本当の挨拶とはいえません。

自分から進んで挨拶をする、

すなわち、自分が先に心をひらくところにこそ、値打ちがあります。

たかが挨拶、されど挨拶です。

誰に対しても、先手で明るくはっきりと、

相手の顔を見ながら、朗らかに美しい挨拶をかわしましょう。

 

2014/06/19