お客様に不便をかけない

hagaki本日から、ランチェスター「顧客戦略」勉強会に参加です。

業績を良くするには市場占有率1位の商品をつくるか、

あるいは、1位の地域や1位の業界を作る必要がある。

経営の大事な所で1位になることで業績が良くなるのです。

 

そのためには、まず経営の源であるお客様を作り出すことが必要。

次に、作ったお客様が脱落しないように手を打つ必要がある。

業績を良くするにはお客様の数を増やせば良いが、

お客様に対して「商品を買いなさい」とは言えないので、

お客様の自発性を待つしかない。

それには、お客様から好かれて、気に入られて、

喜ばれて、わすれられないようにする必要がある。

これを組織的に会社全体で実行するのが顧客対策なのです。

このことを4回シリーズで勉強します。

※一枚のハガキにお客様関係つくりのチャンスがあるのです。

 

2014/06/13