掃除をする心

soujiある社長が、会合で、「毎朝、会社の内外を掃除している」という講師の話を聞きました。

「続けていると清々しい気持ちになり、やる気が湧いてくる」という

講師の言葉に、社長は、翌朝から社内外の掃除を始めました。

最初は、「早朝から掃除をやっているのだ」

という満足感があったものの、数日を過ぎたころから、不満がでてきたのです。

「せっかく掃除をしたのに、駐車場に吸殻を捨てる奴がいる」「社長が掃除をしているのに、なぜ社員が手伝わないんだ」と、腹を立てるようになりました。

社長は、講師に「不平不満が出て仕方がない」と相談しました。

すると、「なぜ社員が手伝わないのかではなく、掃除をすると社員が気持ちよく仕事ができると思ってやってごらんなさい」と教えられたのです。

気持ちを明るく切り替えて掃除を続けた結果、職場での事故が激減し、業績も上昇したそうです。

良い行いをするには、その時の心持も大切です。