商いを通じて人間成長

gue_rinen人間は、なんのために働くのか、

その原理・原則はきわめて単純なものです。

「食うために」と思っている人もいるでしょうが、それは一番大切なことではありません。

働くのは世のため人のためにつくすことです。

人として生れてきた以上、学び、働き、人間性を高めることが、人生の基本であり、その結果として生活があるのです。こうした考え方をすることで、どんな仕事も発見することができるようになります。楽しければ辛くないし、いくらでも働けます。

そうして一生懸命に働けば、気がついたときは人並み以上の生活が自然に手に入っているものです。

※人から信頼されるところに価値があるのです。

信用から信頼に変わることで責任が生まれ、クレームや失敗と向き合うことができるようになります。

「商いを通じて人間成長」ここに彩花の経営理念の意味が隠されているのです。