おすそ分けが喜びの繋がりへ

糸島苺ムース去年も、この時期に書きましたが、私が住んでいる芥屋はイチゴ栽培をされているところが多いです。(我が家も、40年前は栽培していました)
5月の半ばになると、出荷が終わりハウスを崩して、来年の苗取をします。
この時、まだハウスの中にイチゴの実は残っています。それを、おふくろがいつも頂いて来て、知り合いの所に配っているのです。
隣の坂口さん家にも、配っていたら、今年もムースに変身して帰ってきました。
クミコちゃん(坂口さんの奥さん)ですが、気さくで明るい方でうちのおふくろととても仲がいいのです。10年位前に引っ越して来られて、新しい住人の方と地元の住人の方の繋ぎ役をしてあります。お蔭さまでクミコちゃんとうちのおふくろとのタックルで明るい元気な隣組に・・・。

農家⇒イチゴを頂く⇒お裾分け⇒喜ばれる⇒イチゴムース⇒美味しかったと言う喜びに変身。

この流れは商いでも同じで、この喜びが人間関係の絆で、商売も上手く行く大事なポイントと思います。